FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

「冬の装い」を撮ろうとして・・・ ハイキーそれともローキー?

2月6日(昨日)週間天気予報があたり、朝全国的に寒波とか、寒い。
これならばと、午前中にもかかわらずMamiya-6を手に、目黒の自然教育園へ。遊歩道を歩くと日陰には霜柱も・・・期待できると池へ、残念ながら氷は張っていない。
自然教育園608-1
池のそばに生えている木をメーンに撮りたかったが、それもかなわず、結局カメラを水面に向け枯れた茎の連なりを撮影。
自然教育園608-2
風があり、水面に波紋を生じている。風がなければ凍っていただろう。ハイキーに仕上げるか、ローキーにするか・・・迷うところ。葦の生える浅瀬に行くと、波が立たないのか、氷が張っていた。ラッキー。
自然教育園608-6
これはハイキーに。早春の陽光を・・・感じたのはMamiya-6のほうか、光漏れ?
自然教育園608-8 Ⅱ
氷の輝きを強調するため、ローキーに焼きこむ。
12枚撮りのブローニーフィルム、13枚撮影できましたが、初歩的ミスで、1枚二重露光の失敗をしてしまいました。シャッター・チャージと、フィルムの巻取りが連動していないので、使い慣れないと、ミスをしがちです。逆に多重露光は簡単にできますが・・・
撮影は1時間くらい、昼には終了。そのとき霜柱は溶け、池近くの遊歩道はぬかるんでいました。
帰宅し、すぐに現像、定着、水洗、乾燥、そしてネガをスキャナーに取り込み、画像をチェック。その時間のほうが撮影より、ずっと手間も時間もかかるけど、これが写真を趣味とする一番の楽しいところ・・・デジタルもいいけどなぁ、フィルムから離れられない。
スポンサーサイト



  1. 2014/02/07(金) 12:18:28|
  2. 水辺の光景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大雪の後 | ホーム | 目黒 自然教育園の「いいぎり」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/211-0eb8a91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (108)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR