FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

目黒 自然教育園の「いいぎり」

2月1日 Mamiya-6を持って、目黒の自然教育園へ行く。フィルムはAcros100、風景なので、絞りは最小絞りのf:22と決めた。シャッター速度は低速となるため、三脚を持参。散歩に三脚は持ち歩かないので、やはり気持ちは、撮るぞ!という気分。週間天気予報では、この日が一番寒かったので、池に氷が張るのではと期待。そうすれば、かなり単純化した構図に切り取れるのではと期待していた。しかし、残念ながら、ポカポカ陽気、池に氷はなく、水面には風景が映り込み、画面の単純化はできない。
何枚か、池の周りで撮影したが、前回(1月28日)に撮影したような構図しか思い浮かばない・・・池に氷が張っていさいすればなぁと嘆息。己の眼のつたなさを棚に上げていました。残り2枚になったとき、入り口近くの「いいきり」の倒木を思い出していました。あれを、撮ろう。
いいきり571-1
去年9月22日に撮影したもの。サルノコシカケのようなきのこが生えていました。寿命はつきかけているのだろうと、カメラを向けていました。
眼前の死を、見つめる森の孤独な老木の姿・・・それを撮っているのは写真マニア老人。いやだねぇ。その前に こちらはアルツハイマーで ボケるだろうが・・・
レンズはライカのSummitar 50mm F:2.0 1951年製 六角絞りでコーティングが施されています。切れが良く、ライカ独特のボケ(収差)があり、好きなレンズです。同じぼけでも 老人のボケとは違います。
フィルムの感度が低いので、f:2の開放絞りで撮影。焦点を合わせた幹の部分、シャープで質感はちゃんと出ています。背景のボケかた、ぐるんぐるんボケと言うのでしょうか、ライカ独特です。
ツアイスのゾナーにはないボケかたです。
この収差、(Summar>Summitar>Summicron)の順だろうと思います。改良は、高解像度、高コントラスト、切れのいい、収差の少ないレンズへととめどなく進み、現在のデジタルカメラのレンズのすごいこと、値段もすごい。どうやったっても きれいに取れてしまう!!
デジタルの進化に取り残された老人は・・・やんちゃなレンズのほうが、好きだなぁと 負け惜しみ。
いいきり592-4
10月中旬の台風にも耐えて立っていたのに、11月に来てみると、倒れていました。
レンズは これも古いライカのElmar 50mm F:3.5 1937年製でノンコートです。4枚という少ないレンズ構成なので、コントラストの低下は抑えられています。テッサータイプで解像度も高いのですが、独特のやわらかい描写力があり、気に入っています。これも開放絞りf:3.5で撮影しました。サルノコシカケに焦点をあわせました。倒木の手前の割れたところまで鮮明に写そうとしたらf:16程度まで絞らないといけないでしょう。三脚が必要になります。
いいきり607-11
自然教育園では、倒木が遊歩道に出ない限り、そのまま自然に任せることを基本のコンセプトにしています。この「いいきり」の倒木もこのままにし、自然に朽ちて土になるのでしょう。入園した人は、遊歩道以外、柵の中へ入るのはマナー違反、中に入り、撮影できたら・・・とおもうのですが、それはできません。カメラの眼がある人なら、撮影スポットを見つけることできるのでしょうが、ない素人カメラマンでは、撮影スポットも限られてきます。誰もが撮る場所で、同じような構図で撮影する。キャッチーな写真は・・・天候と季節頼み。凍ったとき、鳥が遊んでいる瞬間、雪の朝、紅葉・・・
いいきり607-10 Trimming
倒木を熱心に撮る人はいないだろう・・・とは思うけど、内心、これ、ウイン・バロックの真似では?とすこし後ろめたい。
ウインバロックなら、小さな女の子を連れてきて、森の奥へ歩いていく姿を入れるだろうが・・・
今日(2月4日)これから急激に寒くなり、夕方東京にも雪がちらつくかも。明日の最低気温はマイナスになるとの予報。明日、あるいは明後日、もう一度Mamiya-6を持って自然教育園へ行ってみようかと考えている。カメラの眼がないなら、天候頼みの努力で勝負。
スポンサーサイト



  1. 2014/02/04(火) 08:17:19|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「冬の装い」を撮ろうとして・・・ ハイキーそれともローキー? | ホーム | クーデルカショック  ハイコントラスト・プリント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/210-8defc30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR