fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

白山から上野まで(3) 不忍池にて         Retro400S 二液(浴)現像 (Ⅱnf)

最終目的地、不忍池でスナップ写真。
白山から上野まで(3)1508 #2-13
花の季節はとっくに過ぎているが、不忍池といえば、蓮だろう。
白山から上野まで(3)1508 #3-3
トーンを意識して逆光からやや逆光の光線を狙うことが多い。
強い光がレンズに入ると、ゴーストがでたり、コントラストが低下する。
でも、フードは殆どの場合つけない。
携帯に邪魔(かさばる)だし、光を上手に逃げれば、どうにかなると思っている。
白山から上野まで(3)1508 #3-6
10年前くらいなら、デジカメを肩からぶら下げて歩いている人をよく見たが、
この頃は殆ど見当たらなくなった。
若い女性が二眼レフを首からぶら下げて歩く姿もあった。
あれは一時のブームだったのだろうか?
散歩がてら撮るならスマホ(Phone-Camera)だろう。
この頃は、一枚の写真より、スマホで撮った動画(Movie)にトレンドが移っているのかも。
白山から上野まで(3)1508 #3-8 Ⅱ
スマホ無しの生活は考えられないようだ。
デジタルカメラは、今後も衰退し、一部のどうしても必要な人(仕事として)のカメラになる。
おそらく価格は急騰し、趣味で使うレベルではなくなる。
道楽者が手にするカメラになる。
白山から上野まで(3)1508 #3-9
映像機器の発達が、(人の)写真表現を深化し、さらに豊なものになるのか、
AIによってコントロールされた画像表現になっていくのか、(機械の奴隷)
まだ、判然としない。
綺麗で上手い、でも金太郎飴のような(均一な)デジタル画像を沢山見ていると、
使っているのは人?それとも人が使われている? どちらなのだろうと危惧してしてしまう。
白山から上野まで(3)1508 #3-13
意識の底でうごめいている大切なものはどこへ消えたのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2022/10/31(月) 12:24:09|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海上公園の蓮                  Retro400S -(Ⅱnf) | ホーム | 白山から上野まで(2)                Retro400S 二液(浴)現像 (Ⅱnf)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2090-3810e342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR