fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

黒い車               Fomapan100 二液現像

コロナやウクライナの戦争があってか、
この2,3年 遠出することが少なくなった。
出たとしても、長居は無用とすぐ帰宅する。
閉じこもりは、次の飛躍(この歳になって、そうなものあるかとは思うけど)の準備と、
7月の中頃から、二液現像法をテストしていた。
森山大道氏の「黒光りするアメ車」(小生が勝手に名付けている)のような、
艶やかな黒いアメ車のボディが 再現できないかと思って始めた現像実験。
ようやく、3つのフィルムで その現像実験は終了。
実践でトーンがどのようになるか試している段階に入った。
時間、手間は掛かるけど、趣味なので期限は決めていない。
厭きたらストップすればいい。
黒いアメ車のボディはRetro系のフィルムがいいだろうと思っていたが、
Fomapan100でも、かなりいいトーンが出せていた。
黒い車1515 #1-12
二浴目(ここで現像が始まる)の(BⅢ)は やや硬調な現像促進液、
トーンはそろい、黒潰の部分はないように思える。
でもその分、黒光りの点で少しおとなしい感じがする
黒い車1514-#2-8
二浴目に一番硬調な(Ⅱkf)を使うと、黒潰した部分が出てくる。
しかし、この黒光のトーンは豊な感じがする。
でも、この辺りになると、プリントの善し悪しで決まる部分も多い。
上手に覆い焼きできたら、綺麗なプリントが完成するかも。
ネガは作曲、プリントは演奏。

まだ試していない促進液はある。
順次試すつもりでいる。


スポンサーサイト



  1. 2022/10/28(金) 11:37:32|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白山から上野まで(1)                Retro400S 二液(浴)現像 (Ⅱnf) | ホーム | 五反田にて                   Fomapan100 二液現像(Ⅱkf)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2087-6b3a2402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR