fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

戸越八幡 祭の後                 二液現像 (Ⅱnf)

祭りは その後がいい。
祭礼の後1503 #1-9
鳥居をくぐり、振り返ると晴れた秋空がまぶしい。
黒潰は殆どない。
残念ながら右に横帯の現像ムラが少し出てしまった。
祭礼の後1504 #1-10
祭りの時はごった返したが、
いまは静まり返えっている。
祭礼の後1503 #1-7
たっぷり目の露光、暗い部分もエッジが立ちディテールがでている。
手前の明るい部分も白飽和すること無く、表現できている。
二液(浴)現像 で(Ⅱnf)を使用した効果だろう。
祭礼の後1504 #1-8
驚いたのは、このショット。
使ったレンズは、ツアイスのContaxⅡのために製造されたSonnar T 50mm F:1.5、
レンズ番号から1939年製と推定できる。
戦前、コーティングされたレンズは、ツアイスしか製造していない。
当時は最新で最高のレンズだったと思う。
絞り開放で撮ると、若干だがコントラストの低下はある。
しかし、この現像法だと、コントラストは上がり、極めてシャープな写りになる。
写真のコントラストや解像感を決めるのはレンズだけない。
現像の効果も大きいことを実感している。
祭礼の後1504 #1-8 ピクセル等倍拡大
f:1.5の開放絞り、被写界深度は浅くなるが、
ピントの合った所は等倍に拡大しても、くっきりと写っている。
これが80年以上前に製造されたレンズだという驚きと、
二液(浴)現像の効果の凄さを、見せつけられた気がした。
祭礼の後1504 #1-6
願わくば、また来年 それまでに(Ⅱnf)を使った二液(浴)現像を 完璧なものに仕上げたい。
スポンサーサイト



  1. 2022/09/24(土) 14:03:14|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台風14号が日本海を北上していたとき          二液現像 (Ⅱnf) | ホーム | 戸越八幡 祭礼の日(3)              二液現像 (Ⅱkf)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2072-b7971bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR