fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

近所の散歩  三ツ木通りにて               二液(浴)現像

現像促進液(Ⅱnhq)は ほぼ実用の領域に入った。(もう少し改良・最適化するけど)
しばらく使ってみて、この促進液の特徴を掴み、現像時間を調整することになる。
(BⅢ)より硬調なネガになる促進液だと思う。
二液現像 (Ⅱnhq)1499 #1-6
露出はカメラの露光計の指示に従い合わせた。(勘はデーターにならない、今は試験中、客観的なデーターを積み上げ中)
使ったカメラ等は、20年近く前購入したBessaR (ライカスクリューマウント)カメラ。
機械的な部分(メカ)は枯れた技術、真面目に作っていれば耐用年数は長い。
でも中に入った電子部品は家電品のようなもの、劣化したら、交換は難しくなる。
ボタン電池が劣化したのかと、新しい電池に替えたが 同じだった。
このカメラの指示する露光は、
少しオーバー目の露光になる場合が多い。
小生ならf:5.6/125秒を選ぶ。
二液現像 (Ⅱnhq)1499 #1-7
明るい所ならf:11/500秒、暗い陰の部分ならf:4/500秒なので、f:5.6/500秒が小生の適正露光。
(f:8/500秒だと暗い部分のディテールが失われると危惧)
カメラの指示は、f:8/125秒(f:4/500秒)だった。
陰の部分の露光に対応していた。
これが正解かも。
二液(浴)現像では、明るい部分の白飽和を防止する効果が強い。
エッジも立っているし、独特なトーンになっている。
でも、これデジタルカメラで撮影し、
レタッチソフトのエッジ強調アプリで作った写真に似ているような気もする。
二液現像 (Ⅱnhq)1499 #1-8
白飛び、黒潰れしないのが 二液(浴)現像のアドバンテージ。
エッジも立ち、ネガに精細感がでる。
欠点は、市販の現像液では無理なことだろう。
現像液を自分で調合している人なら 可能だが、かなり敷居は高い。
二液(浴)現像でフィルムを現像している人、世界にどのくらいいるのだろうか?

とくに このRetro系フィルムは厄介。
本命と思っている(Ⅱo)の改良・最適化に今、苦戦中。
スポンサーサイト



  1. 2022/09/12(月) 12:06:46|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<散歩をしながらテスト撮影        二液(浴)現像 (Ⅱnf) | ホーム | 二液現像法 テスト(12)      (Ⅱnhq)/Retro400S>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2066-969db443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR