fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

二液現像法 テスト(11)      (Ⅱh)/Retro400S

現像成分を含む(A)液は、何回かのミニセル実験で、(Afx)という組成に決定した。
現像成分を含まない(B)液に関しても、今までのデーターから、割合簡単に決定できたが、
狙いは、Retro系フィルムでは現像結果が予想不能になる(Ⅱ)系の現像液にある。
(Ⅱ)系現像液の成分を考え、(Ⅱ0)と(Ⅱh)の組成を考えた。
(Ⅱh)のほうがバッファー性も高いので、確実性は高い。
すぐに解は見つかるとおもった。
Retro400S (Ⅱh)1496#3-37
夕方空。
空に合わせf:8/500秒としたが、
逆光になっているので、陰の部分の家の壁や自動車は暗い。
その部分のディテールをだすには露光不足だろう。
暗く潰れると思ったが意外と粘って黒潰はしていない。
これが二液現像法の効果だろう。
また明暗差のある部分でエッジが立ち、精細感がでる。
Retro400S (Ⅱh)1496#3-24
林試の森で撮った写真には、暗い地面のディテールにコントラストが立っている。
いままで開発した現像液では出せないトーンになっていた。
ただし、現像液の現像安定性が良くなく(保存性ではなく)、
現像するたびに、ネガの濃度がオーバーだったり、薄くなったりしていた。
(Ⅱ)液を使いこなそうとするなら、その要因をはっきりさせる必要がある。
現像時間が25分と少し長いのも気になる。
(Afx)の処理時間と液切り替えの手間を考えると、もう少し現像時間を短縮したい。

スポンサーサイト



  1. 2022/09/07(水) 19:05:42|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二液現像法 テスト(12)      (Ⅱnhq)/Retro400S | ホーム | 二液現像法 テスト(10)      (Ⅱ0)/Retro400S>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2064-6465584e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR