fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

二液現像法 テスト(8)      (BⅡsx)/Retro400S

Fomapan100を使い、同じような構図でスカイツリーを撮ったことがある。
同じ二液現像(あるいはニ浴現像とも呼ばれている)液でも 
Retro400Sでは現像の進みかたはずっと遅い。
Fomapn100なら一サイクルで終わるが、Retro400Sは二サイクル現像した。
Retro400S (BⅡsx) 二液現像1495#1-13
ツリーの日陰に入り構図を決める。
曇りがちの空だったが、空と雲越しの太陽にカメラは反応し、
ファインダーに適正露光を知らせる赤い○の記号がでたのは、f:11で1/2000秒だった。
もし、露光計に従わないなら、小生の勘なら、f:11で1/500秒を選ぶところ。
そんなに明るいかなぁと思いながら、まず、カメラに従い、シャッターを押す。
Retro400S (BⅡsx) 二液現像1495#1-15
シャッターは切ったが、足りないのでは?の疑念がわく。
f:11で1/1000でも撮ってみた。
空の粒状性は すこし落ちるが、
暗部の階調性と粒状性は、露光を増やした1/1000秒のほうが断然いい。
Retro400S (BⅡsx) 二液現像 等倍 1
1/2000秒では、鮮鋭度、トーン、粒状性は 劣っている。
Retro400S (BⅡsx) 二液現像 等倍 2
Rteto400Sのフィルムの銀粒子は、意外に細かく、Fomapan100とほぼ同じではないか?
使い方のよっては、Fomapan100より細かいような写真もできてくる。
このフィルムを、ISO:100で使用し、減感現像すれば、粒子の見えない豊かな階調の写真が撮れるかもしれない。
面白いフィルムだと思う。

スポンサーサイト



  1. 2022/08/31(水) 21:54:21|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二液現像法 テスト(9)      (BⅢ)/Retro400S | ホーム | 二液現像法 テスト(7)      (B)/Retro400S>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2061-8024ee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR