FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Distortions

好きな写真家は? と聞かれたら真っ先に浮かぶのは、ハンガリー出身のアンドレ・ケルテスでしょう。
1920年代後半にはパリに出ていたと思います。1930年の初めごろ、Distortionsというシリーズの写真を製作。そのころパリは、シュールリアリズム運動が盛んでした。雑誌社の編集者の求めか、あるいはアンドレ・ケルテスの発案か、蚤市で遊園地で使われていたマジックミラーを買ってきて、ケルテスはそこに映るシュールなヌードを撮影をしている。
今、これを撮るとしたら、もっと 手の込んだ"Distortions"を 現代の進んだカメラと、マジックミラーを使えば、可能だと思うが、手がける人はいないでしょう。
たまたま、御殿山を散歩していたとき、交通の安全のため凸面鏡が設置されているの気づき、アンドレケルテスを真似(ヌード撮影ではありませんが・・・)をし自動車の姿を撮影してみました。
DistortionDSC06120a.jpg
たわいもない写真です。素人の遊びです。
もし、”Distortions”に興味がおありなら、恵比寿、写真美術館の図書室で、本を借り出し、ご覧ください。面白いですよ。
彼は ガラス乾板で200枚弱(? 確証ありません)ほど撮影。これ以上撮っても先(追求する面)がないと、それで終わりにしています。写真集は、戦後になってから出版されました。しかしガラス乾板の(戦争をはさんでいます)劣化が激しく、画像を起こすのは不可能と思われていました。その修復をしたのがアウグスト・ザンダーだったとか・・・
アウグスト・サンダーも写真史に名を残すすごい写真家です。日本でも、彼の影響を受け、写真を撮っている写真家がいます。
先人が、苦労し、工夫し、写真表現の枠を拡張してきました。一度、振り返り、その道を辿るのも、面白い。2,3年前より、ガラス窓に映る都会の光景を、勤めて撮るようにしています。いずれ、まとめてみようかと・・・


スポンサーサイト



  1. 2014/01/27(月) 20:54:13|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<異次元空間・・・・ でもストレート・フォト | ホーム | からす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/206-59d96c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR