fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

赤外線写真          Retro400S

今 ローダーに入っているフィルムは、Fomapan100とRetro400Sの二つのフィルム。
ローダーは3つ持っているので、もう一種類のフィルムをいれて使うことも考えたが、
暑い日が続いているので、フィルの消費は減っている。
ローダーに詰めて長期間 室内に置いておいたら品質が低下する怖れもある。
当面は、この二つのフィルムを使うことにしている。
Fomapan100はまだ、2缶ほど冷蔵庫で保管しているが、
問題は、Retro400Sフィルム。
いまローダーに入っているのが最後、秋になって日本に製品が届くようなってくれと願うのみ。

Retrto400Sは赤外部にも感光領域はある。
オレンジフィルター(YA3)で撮ると、赤外線効果を感じるちょっと奇妙なトーンになる。
でも、これでは赤外線写真と言えないだろう。
赤外画像1491-15
暑いし、コロナ感染もあり、遠くへ出向くことは控えている。
R72フィルターをポケットに忍ばせ、近所を散歩してみた。
見慣れた光景だけど、赤外線で見るとこんな感じになる。
赤外画像1491-19
写真では、光の選び方/読み方が 一番重要だけど、
Retro400Sでも、光を選んで、赤外線写真を楽しむことはできる。

コシナのSKoparレンズには距離補正マークは付いていない。
補正量は試し撮りして確認していますが、
広角レンズなので この距離なら距離補正はしなくてもOKです。
でも、最短撮影距離まで近づくと、距離補正しないとダメでしょう。
一応、少し離れていますが、ちゃんと距離補正して 撮影しています。
-------------------------------
暑くて、外出するのが億劫になっています。
家にいる時間が長く、手持ち無沙汰なので、
技術テーマ、「二液現像法」に 今再チャレンジ中です。
戦前の技法ですが、現在のフィルムでは殆ど意味をなさない方法になっているけど、
違った見方で考えたら、まだ少し検討の余地はありそう。

スポンサーサイト



  1. 2022/07/31(日) 21:39:57|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アキュータンス          二液現像法 | ホーム | 林試の森>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/2048-cb3756d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR