FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

冬の向日葵 (その5)  フィルムで挑戦

1月22日 NikonF にTri-Xフィルムを装填した。 レンズはZoom-Nikkor 35-70mmを使う。少し暗いレンズで使いにくいが、70mmの望遠側でも40cmまで近づけるので、接写撮影ができる。ズームなので、構図を切り取るのに便利である。 夕刻4時、到着。向日葵に当たる夕陽はすぐ陰になる。
冬の向日葵604-6
ストロボを焚いて、背景とのバランスをとった。ストロボは、光の当たっていた10分間の光の位置に設置。
冬の向日葵604-3
茎の中途からでてきた蕾を撮影。小さな蕾だが、存在感がある。帰宅後、すぐ現像、ネガは直ちにフィルム・スキャナーでデジタル化してPCへ。・・・・これではね、と落胆。この蕾、もうすこし浮き上がってこないかなぁ。暗いところが潰れている。
1月23日 今度はYGフィルターをつけて撮影。
露光をたっぷり目にかけ、現像を浅くし、階調性を豊かにすれば・・・
冬の向日葵605-4
階調性のある美しい画像になったが、これ、ありふれた写真?になってはいないか?
冬の向日葵605-12
ストロボを焚かないで撮影したが、ピントのある範囲が狭くなり・・・やはりここは、ストロボを焚き、絞って撮影だろう。
冬の向日葵の存在感を写しきれないもどかしさ・・・あぁ限界かなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2014/01/25(土) 18:52:29|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<からす | ホーム | 冬のひまわり (その4) 発育不全か!? 問題だなぁと・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/204-d327b3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR