FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

冬のひまわり (その4) 発育不全か!? 問題だなぁと・・・

フォト・ジャーナリズを気取っているわけではありません。
冬の向日葵を見ていると、蕾から花への生育は遅い。花咲くことあるのか・・・気がかりである。萎んだろすぐ刈り取られてしまう。
生命の尊厳?と言うと おおごとのように聞こえるが・・・存在感はすごい。
すごい被写体が、眼前にあるなぁ~~。 
何も 向日葵が綺麗に咲いている場所にいき、写真撮ることはないと、散歩で通り過ぎるたび、カメラに納めていた。
冬の向日葵DSC05623
蕾をつけた向日葵を、横から接写。向日葵のようには見えませんね。
冬の向日葵DSC05594a
露光をオーバー気味にして、ハイキーに。向日葵の黄色い花弁は、まだ、蕾のなかに折り畳まれています。
冬の向日葵DSC05607
露光を少し切り詰め、ローキーに。 神秘性がでてきます。背景の明るさを選び、それにあった露光をすると、同じ向日葵でも、受ける印象はかなり異なって表現できます。
冬の向日葵DSC05785
5日後、蕾は膨らみ黄色の花弁が出てきました。しかし、花弁の発育はちぐはぐです。発育不全だから?これでは、向日葵と気づいてくれないでしょう。まるでチューリップのよう。
冬の向日葵DSC05842a
上からアップで撮ると、なぜか不気味。
冬の向日葵DSC05926a
更に3日後でも、まだ 花弁は完全に開いていません。この向日葵に太陽の日が当たるのは、午後4時過ぎ、ほんの10分程度。これは その 限られた時間に撮影。晴れていなければ、また撮影もできない。ラッキーとは思ったが・・・明暗差が大きく今一、この光線状態ならモノトーン・フィルム向きです。
1本の向日葵ですが、まだ撮りつくしていない・・・と思ってしまう。今度はモノトーンのフィルムで挑戦、刈り取られないうちに。
スポンサーサイト



  1. 2014/01/23(木) 22:49:14|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の向日葵 (その5)  フィルムで挑戦 | ホーム | 冬のひまわり (その3) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/203-6e49326b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (138)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR