FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

『 植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ 写真であそぶ 』 展へ行ってきました

恵比寿の写真美術館へ行ってきました。
恵比寿602-19
「写真で遊ぶ」 うまいネーミングだと、思いました。
確かに偉大なアマチュア写真家、自分の好きなところを、自分の好みで撮影している。
プロだと営業が頭をかすめ、クライアントの目にかなうような絵柄になり勝ち。
そこが、違う。おもねったところなどない。
特にラルティーグの写真は、笑ってしまう。動く瞬間を永遠にとどめてくれる写真が大好きということだろう。
まだ乾板の時代、フィルムの感度がISO=20程度のときから、動くものを写真に記録しようとしている。すごいものだと感嘆。
一族の記念写真をだろうが、実態はラルティーグの選んだ彼の世界。彼は、そこで遊んでいる。
ほとんどストレート・フォト、一枚だけ多重露光で撮影したと思われる写真があっただけ。
写真の発明から、第二次世界大戦まで、フランスは写真芸術の中心地、幾多のカメラマンを輩出してきましたが・・・フランスにいながら、職業写真家の影響は受けていない。おそらく、写真は独学。
家族のアルバムを撮るという枠から外れているような気もします。さりとて職業カメラマンの目とも違う。
家族に見せるアルバムというより、彼個人の世界に閉じこもることを志向しているような感じもします。「面白いと思ったものを、撮っているだけ、どこが悪い?」と聞かれたら、「いや小生もそうです。まったくその通り。」と答えるでしょうね。
植田さんは、そのフランスの影響が濃厚。昭和初期1930年ごろ、フランスではシュールリアリズム運動が起こっている。フロイトの心理学を源泉とし、詩、絵画、文学、演劇などを含んだ幅広い芸術運動。写真家ではホモ=ナジ、マン・レイが有名。
見た瞬間、あ、シュールリアリズムだと思いました。彼は終生この運動の中に自分の世界を見、その世界に遊んでいる。
フォトグラム風静物写真があり、現実の砂浜ではありえない光景を演出し、写真に収めた写真がある。ヨーロッパでは、絶賛される構図です。ダリやキリコの絵画に通じます。砂丘は、かれのスタジオ、そこに人を配し写す。そのため空は無地が好ましい。自分の世界を構築するためには、テクニックを使うことは当たり前、オリジナルプリントを良く観察すると、エヤーブラシで、あるべきものを消してしまったような写真、印画紙を傾けて焼いたと思われるデフォルメしたような写真もある。これが植田ワールドには欠かせないと・・・(戦後のカラー写真も展示されていましたが、それは、戦前流行ったベス単眼はずしで撮影したような写真、植田氏、多才です。)
ラルティーグとは写す対象はことなるが、彼もまた 自分の世界を構築し、その世界で遊んでいるなぁと思いました。
自分の世界を構築できるのは、すごいこと。うらやましい限りですが・・・小生の好みは、少し違うようです。
真摯に対象に対峙して写真をとったアンセルアダムス、ウインバロック、アンドレケルテス、サルガド、そしてつい最近知ったクーデルカなど、閉じこもる個人の世界より、ひろがる世界のほうがすきなのだと、気づかせてくれました。(これは個人の好みの問題です。) 
会場を出ると、もう日は暮れていました。
偉大なアマチュアの足元に到底及ぶべくもないが、興味を引いたものだけを撮るアマチュアの自由さはあると、月の撮影をしていました。これは、「月とさるすべり」を撮影するための練習もかねています。
恵比寿602-20
月のウサギを撮るためには f:8~f:11/125秒で撮影する必要がありそう。
恵比寿602-22
像に近づきディテールを潰さないようf:5.6/125秒で撮影したら、月のウサギは光の中に隠れてしまいました。
植田さんが 撮るとしたら、どうするだろう?
スポンサーサイト



  1. 2014/01/18(土) 10:34:34|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月と百日紅 | ホーム | 新春 春の訪れを・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/198-ab213b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR