fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

池上梅園        デジタルカメラの恐ろしさ/すごさを実感。

昨日(2月24日)早速、池上梅園に向かう。
持っていったカメラはNikon F(フィルム)とSony NEX-5(デジタル)。
デジタルはオート設定で撮影モードはPを使用。
液晶画面でフレーイングを確認したらシャッタ-を切る。
ただそれだけ。
Nikon F には初期のAuto-Nikkor 35mm F:2.8、
Nikon Fを購入したとき同時に買ったものなので、
Fマウントレンズでも、オールド・レンズに分類されると思う。
フィルムはSuperPan200、
快晴の一日だったのでYA2フィルターを持参、使用した。
Nikon Fの露光(絞り値とシャッター速度)は、
今までの経験値(勘)で決めて撮った。

帰宅し、早速フィルムを現像、PCに画像を取り込む。
NEX-5のJPG画像も、PCに取り込み、比較した。
結果は、驚き。
デジタル、すごいと思った。
その一枚。
池上梅園DSC08218
サニー16という言葉知っているだろうか。
快晴の日なら露光はf:16にして、シャッター速度はISO感度(昔はASA感度)にするというルール(規則)。
快晴の空なら、SuperPan200の感度ISO:200から、f:16/200秒が適正露光になる。
でもまだ早春、光は弱いので、
空の明るさを考慮したら、順光でf:11/250秒がいいだろう。
逆光なので、f:8/250秒が正解と思った。
フィルムカメラには、YA2フィルターをつけている。
その露光倍率は2なので、f:8/125秒を選んだ。
一方NEX-5にはレンズ保護のUVフィルターが付いている。
NEX-5が選択した、f:7.1/250秒の露光はリーズナブルだと思う。
池上梅園1450-26
デジタルと同レベルの露光なのに、
梅の太い幹のディテールは黒く潰れていた。
樹を支える丸太も黒く潰れていた。
デジタルでは暗い部分も潰れず、ディテールが出る。
この差は何だろう?
SuperPan200はアグファのフィルムで、
Retro系フィルムと同じで、黒潰が少ないRetroタイプだと思っている。
(Ⅰ)系のやや軟調な現像液で現像したので黒潰はかなり防げる。
撮った瞬間、幹が潰れるかも(経験から)・・・と思い、更に二段、露光を増やしたカットも撮っていた。
池上梅園1450-28
梅の太い幹のディテールもでてきたが、
明るい部分のトーンが怪しい。
デジタル画像のほうが、どう考えてもいい。
光のダイナミックレンジが、
Retro系フィルムより一絞りから二絞り分広いことを示していると思う。
信じられない結果だった。

フィルムカメラだと、ああでもない、こうでもないと工夫するが、
デジタルなら、シャッタ-をきれば、あとはカメラにお任せ、
それでも、フィルムより綺麗な写真が撮れてしまう。
JPG撮って出しの写真だけど、高品質。
デジタルのすごさを見せつけられた気がした。
今まで、フィルムカメラを使っていた人も、
このすごさを見せつけられたら、
デジタルにせざるをえなくなるだろう。
あるいは、カメラ自体を手にしなくなる人多いのだろうなぁと思う。
---------------------------
Sony NEX-5は10年以上前のデジタルカメラ、(2011年に購入した。)
電化製品の会社が作った玩具カメラと一時揶揄されたが、すごいもの。
ソフトウェアの開発では、
カメラ製造メーカー以上の実力があったのだろう。

デジタルカメラの設定を見たら、
DRO/オートHDRになっていた。
3枚の画像を使ってオプティマイザー処理をしている訳ではないと思うが、
なんらかの画像処理をしてRAWファイルやJPGファイルにしていると思う。
メーカーのソフトウェアの開発能力が、画像を決める時代に入ったのだろう。
美しくだまされたい人が使うのがデジタルカメラ?
メーカーの技術者に、だまされているのかなぁ。
ちょっと恐ろしい気がしている。


スポンサーサイト



  1. 2022/02/25(金) 19:18:40|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FED 50mm F:3.5レンズ     ウクライナのハリホフ工場で作られた | ホーム | 花の季節へ               デジタルカメラに古いレンズを>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1962-b7d74340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR