fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

近所のさんぽ                  21mm 超広角

21mmレンズを もはや超広角レンズとは呼ばないだろう。
でも、Nikon Sマウントカメラ(ContaxⅡ、KIevⅡ)が使われていた頃は、
夢の様なレンズだった。
高くて手が出ないし、使いにくそうだった。
月日が経ち、Nikon SやContaxⅡを使う人が殆どいなくなった頃、
時代は、すでにデジタルに入っていたが、
コシナは、ニコンSマウントのレンズを、製造し販売した。
コンタックスでも使えるという。
勝算があったのか、腕試しだったのか、宣伝効果を狙ったのか・・・
ともあれ、欲しくて何本か購入した。
そのなかで、この21mmレンズを使うことが一番多い。
近所の散歩1443-2
この2年、コロナ感染で、遠くに出て行けない。
近くを散歩するだけ。
近所の散歩1443-7
ささいなテーマでもいいから、何かを決めて散歩すれば、見えてくるものがある。
フィルムを替えるでも、現像液を替えるでも、レンズを換えてみるでもいい。
近所の散歩1443-8
コーティング技術は格段の進歩を遂げた。
逆光でもゴーストは出にくいし、フレアーも防いでくれるので、こんな撮影もできる。
50年ほど前にはできなかった撮影が、
今は簡単にできるようになる。
撮り手の腕が向上したわけではない、カメラの進歩だろう。
それをどう使うかを、撮り手は試されている。
近所の散歩1443-10
ややたっぷり目の露光をし、軟調な現像液で白飛びを抑え、暗部の潰れを防ごうとした。
近所の散歩1443-11
見慣れた近所の風景は、小生の写真実験の場所のようになっている。
そろそろ、すこし遠くへいって、違った被写体に出逢いたいもの。


スポンサーサイト



  1. 2022/02/22(火) 20:54:46|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花の季節へ               デジタルカメラに古いレンズを | ホーム | 五反田、散歩             KievⅡ Helios103レンズ Fomapan100>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1960-30e8e7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR