FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

東京駅散歩 

今年初めて電車に乗り東京駅へ。車内には、仕事始めの挨拶に向かうビジネスマンの姿が多く見受けられ、意外と込んでいました。
カメラはKievⅡ レンズはコシナ製SC-Skopar 21mm F:4を使用、 交換レンズは持って行かないのが、お散歩カメラの鉄則です。今日は21mmの広角レンズで、東京の景観を切り取るのだ・・・と、自分に言い聞かせる。できればニューヨークを撮影したベレニス・アボットのような写真を撮りたい。
東京601-23 b
有楽町の国際フォーラムのガラスの建物、格好の被写体でよく撮られています。その分、誰かがすでに撮っていて違ったテースト出すのが難しい。暗いところは潰さないよう、白いところは白とびさせないよう細心の注意を払い、光の具合を読み、ここが 今一番のアングルと 狙いを定めたのですが・・・今一だなぁ。
東京601-29 a
21mmの広角レンズ、建築物を撮るとなると、かなり歪みます。仰角でとって高さ・奥行きを強調。「撮影場所はニューヨーク」と言っても、納得してくれるかなぁ。
東京601-40
改築(?)されたKITTE舘の屋上から、おのぼりさん気分で、東京駅を撮影。午後4時ごろで、陽は傾き、光は高いビルに当たるだけ、今の時期なら、昼頃が撮影するタイミングかも。ここからなら28mmくらいのレンズで狙うべきでしょう。次回は 昼ごろ、28mmレンズで、フィルターを(R60かYG)を持参し、撮影してみます。

スポンサーサイト



  1. 2014/01/08(水) 13:45:18|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<材質感をどう捉えるか・・・ | ホーム | Mamiya-6を携帯して初詣(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/192-a9f599ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR