fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

たこ公園             フィルムとフィルターの効果

下神明の駅近くにタコの形をした滑り台のある公園がある。
曇り空だった。
秋の陽は早い。
午後3時を過ぎると、太陽は低くなっていた。
白い雲と、暗い空のコントラストを狙おうとしたが、
赤外線写真向きの光ではない。
フィルター無し、パンクロフィルムとして使用した。
たこ公園1415-9
やや逆光気味の柔らな光だった。
----------------------
翌日は快晴だった。
前日より早く家をでる。
白い雲と空のコントラストを予想し、YA2フィルター(オレンジ)をつけて撮影。
たこ公園1415-25
昨日の撮影ポイントだと、ほぼ逆光に近い。
太陽の光りがレンズに入るのを避け、左へ移動して撮影した。
赤いタコの滑り台が、白っぽく写ってしまった。
当たりと言えば当たり前のこと。
たこ公園1422-16
それから約一ヶ月後、再び下神明近くを散歩。
再び(ものは試しと)タコの滑り台を撮ってみた。
カメラには、この頃使わなくなった(珍しい)Ortho25のフィルムが入っていた。
あまり感度は高くない。
このタイプのフィルム、戦前のフィルムには多かったとおもう。
650nm以上の赤い光に対し、殆ど感度を持たないようだ。
赤いタコの滑り台が、暗いトーンになってしまった。
-------------------------
フィルムを替える、フィルターを替える それだけでもトーンは変化する。
オーバー露光するか、アンダーな露光にするかでも、トーンは変化する。
同じ現像液でも、使い方でトーンは変化する。(現像液をそのまま使うか、希釈して使うか、いろいろテクニックはある)
さらに違った種類の現像液に替えれば、またトーンは変わる。
それがモノトーン・フィルムの面白さであり、引き込まれる所。
しかし以前は簡単に手の入った機材、薬品が 段々と手に入らなくなってきた。
この遊び、あと何年続けられるか、心配になるが、
それより小生の歳の残りを気にすべきかもしれない。
スポンサーサイト



  1. 2021/12/10(金) 22:23:15|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晩秋の日比谷公園 | ホーム | 渋谷駅周辺を歩く  (6) 拾遺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1913-53983c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR