fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

白光りするツワブキの葉、それは可能か?

赤外線フィルムで撮影した場合、
可視光をカットし、
赤外光のみを通すフィルターをつけているため、
光の窓は狭い。
そのままではかなり硬調なネガになるのではと思い、
赤外線撮影したフィルムは、(Ⅵ)系の軟調現像液か、
やや軟調の(Ⅰ)系現像液で処理していた。
白光りしたツワブキは可能か1419-10
数日前撮影したツワブキの花。
(Ⅰf)現像液で現像する。
ネガをスキャナーでPCに取り込む。
じっと画像を観察する。
花の部分より葉の部分に注目してしまった。
葉が白く写るのは当然だが・・・葉脈が浮き出て、少し輝いて見えた。
これなら・・・もしかすると硬調な現像液を使えば、白く輝く葉を撮ることができるかも。

黒光りするツワブキの葉は撮ったことがある。
トーンが微妙に狂ったツワブキの葉もある。
赤外線撮影で、ツワブキの葉を撮ったことはあったが、
薄紙のようなぺらぺらの白い葉で、存在感は薄い。
白びかりした存在感のあるツワブキではなかった。
できるかも。
小生の撮影はいつもTry&Errorの繰り返し、
また課題を発見した気がする。
-----------------------------------------
撮影に使用したレンズはレンズ番号から1941年製と推定している。
赤いTのマークが付いている初期のコーティングレンズ。
F:1.5の明るいレンズで、当時としては最高峰のレンズだった。
それでも、現在のレンズと比較したら、解像度、収差、コントラスト いずれも劣っていると思う。
しかし、その優劣が写真表現で大きな差を生むかというと、そうでもないと思っている。

写真表現で大事なのは、
その場の光を読む、撮影者の理性・知性・感性と、
使うカメラの性能を知り、最大限有効に使用する撮影技術であって、
カメラは最新・最強のこれ、レンズはこの神レンズでなければならないというものではない。

高価なデジカメを購入すると、
最初は熱心に撮影するが、
数年で、取り尽くした感がしてくるのだろう、
だんだんと、撮影枚数が減っていく。
10年、20年と、長くデジカメで遊び続ける人、どれだけ残る/居るだろう?

スマホでもいい写真は撮れるから、
デジカメはそれを必要とするプロ御用達のカメラとなり、
アマで使う人は「オタク」(もの好き)の部類になってしまう。
スマホの撮影は動画中心に移り、写真表現という言葉は死語になる・・・・
そんな変な予想をしている。
スポンサーサイト



  1. 2021/11/22(月) 11:11:14|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧品川宿のオフィスビル         Retro80S (Ⅲd)現像液 および (Ⅰ1)液による4倍増感現像 | ホーム | 隅田川 蔵前橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1900-d520a468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR