FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

落穂ひろい

いよいよ年末が近づき、慌しくなってきました。
今年1年、フィルムで撮った枚数は3500枚ほど、36枚撮りパトローネで100本弱。例年は3000ショットですから、かなり増えました。写真同好会「彩遊」に入ったこと、そして、このブログを始めた効果かなと、思います。
PCのデスクトップに、リサイズした画像が数枚残っています。ブログに載せようと思っていたが、載せず残ったものです。落穂ひろいのようなこと してみました。
今年は 原点回帰をはかり、色々な写真の技法に挑戦してみましたが、いまだ、道なかばという感じです。
水底の世界503-10
昨年の暮れごろより、「水底の世界」を撮影していました。
普通、映りこみの写真とは、水面に映る虚像を現実の風景と一緒に撮影し、風景写真を一層美しく飾り立てるものです。
それが嫌で、視点を水面だけに限定し撮影。美しい風景を撮ろうという意識は消えています。まして、地球は水の星、この素敵な世界を、皆さんに伝えたい・・・など大それたことは考えていません。むしろ「水底に心魅かれる実はないか・・?」とカメラを向けていただけ。面白そうだ、何か写っていれば、という感覚です。
お堀の鯉です。樹と同じ平面、あるいはもっと遠くを泳いでいるような感じを受けます。だとすると 大きな白い魚です。なんとなく童話に出てきそう。メルヘンチックですね。ちょうど、洗足池の鯉の写真を撮っていた頃の撮影です。
2013年桜ADSC04945a
今年の桜は早咲きで3月の中旬から、桜を追っていました。この写真、構図を作った瞬間、抹香くさいと、そう感じていました。仏教説話を思い浮かべていたのでしょう。火宅の人?だっけ。横に流れる川(実際は目黒川ですが)は彼岸(悟りの世界)と現世(火宅)を分けて、飛び石で2つの世界をつながっている。現世では、子供が楽しそうに遊んでいる。女の先生(観音様の化身)が、教え諭し、業火に燃える家を離れ、あの彼岸に至る道(教え)に導こうとしている。前面には、枯れた茎。やぁ~~抹香くさい、駄目と、没に。
心に残る花筏514-9
桜には、死のイメージを感じてしまう。戦前の教育では、おそらく武士道を曲解し、戦うことを知らなかった農工商の人まで、富国強兵の掛け声の下、これが武士道と、潔く死ぬことを強要、その象徴として桜を推奨したのだろうが・・・小生は、「あの桜の下には死体が埋まっている」と、感じた詩人の感覚のほうを、共有したい。
花いかだです。どちらに流れているのか? これも そう感じると、すこし抹香くさくなってしまいます。
筍求めたイメージへ525-10b
単純に、筍を上手に撮りたいと、悪戦苦闘しました。ただそれだけ。でも、竹林を吹き抜ける風を感じ、それを撮ってみたいと思うように・・・それが収穫か、挑戦するものを発見するのが、趣味の醍醐味でしょう。
百年の孤独577-6
まさか、自分の後ろ姿・・・ボツだと、PCのデスクトップに残されていた一枚。
これも百日紅583-6
接写+ストロボの技法で 捉えた百日紅の花。あまりに調子のよいネガになったので、ボツ。露光が多めで、銀粒子でざっらとしたネガが好いと判断。普通なら採用なのですが・・・残念な一枚です。
横浜中華街593-6
横浜、中華街でのスナップ。相手は鳩。人通りが多いのですが、瞬間 地面へ降りる。これも秒撮。すぐに飛び立ちました。

一年 色々撮りましたが・・・来年も、撮り続けることになるでしょう。小生、退職後は至って行動範囲が狭くなっています。身近な場所を散歩するだけ。それでも撮りたいと思うものが次々に現われてきます。

スポンサーサイト



  1. 2013/12/30(月) 11:11:49|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年は なにを・・・ | ホーム | モノクローム 部分的焼き込み・覆い焼き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/188-53904583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR