fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

御殿山

フィルム写真は、画質云々を言われると、デジタルには敵わない。
すぐに確認できないし、シャッターを切るたびにコストはかかる。
今時まだフィルムですか?と
物好き「おたく」のように、見られてしまうこともある。

確かに、アドバンテージはないけど、
使っていると面白い。
飽きがこない。
それで、未だ、フィルカメラから抜け出せない。
カメラをぶら下げ、散歩に出ている。
御殿山1399-40
北品川、第一京浜国道より、御殿山へ登る道。
御殿山1399-41
品川駅へ向かう新幹線。
金網の目の間に入る細い交換レンズが欲しいところ。
スマホやコンパクト・デジカメ(今も売られている?)なら、難なく撮影できるところです。
御殿山1399-42
パンフォーカスを狙ってf:11まで絞ったが、1/15秒のシャッター速度は手振れの危険があり・・・ちょっと心配した。
御殿山 拡大
どうにかこの程度の画質に収まったが、
デジタルカメラならもっと鮮明な写真が撮れたと思う。
(35mmフィルムのネガを3200dpiでデジタル化し、1287万画素の画像を得たが、
通常の使い方では、この辺りがフィルムの限界だと思う。)
御殿山1399-48
黒潰をしないよう、また白飽和しないよう軟調現像液(Ⅵr)で現像した。
暗い部分からハーフトーンまでの階調性は高い。(足がある)
壁のミャンマー文字もどうにか判読できる。(意味は分らないが)
建物も、どうにか白飛びを抑えられたと思う。

昔のフィルムは、銀の含有量が多く、
意外と黒潰はしない。(足があると昔の写真家は言っていた。)
ASA400の高感度で、銀粒子がでても、白黒の対比の綺麗なTri-Xの出現が、
この状況を一変させる。
足のあるフィルム(ASA100以下のフィルム)より、
黒が締るフィルムが好まれるようになる。
時代の要請・ムードでもあったのだろうと思う。
当然のことながら、フィルムの銀の含有量も減ってく・・・

Retro系フィルムの銀の含有量は、Acros100やFomapan100と そう変わるものではないと思う。(確かめていないけど)
でも乳剤技術が異なるので、意外と足のあるネガを得る。
ハーフトーンが、少し立つので、D-76現像液を使うなら、
希釈現像法が合っているように思う。
と言っても、フィルムカメラを使う人は少ないし、
まして白黒フィルムを現像するのに、
フィルムに合わせ、現像液を調合して使う人は希だろう。
こんなことに拘るのは、
やはり「おたく」の領域に入ってしまったのかなぁと思う。
スポンサーサイト



  1. 2021/09/18(土) 12:32:50|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飛行機雲 | ホーム | 氷川神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1863-47bcca2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR