fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

旧東海道、北品川宿を歩く

修理したSuperIkontaのテストを兼ね、
北品川の商店街を歩いた。
旧東海道・品川宿1397-1 Ⅱ
品川神社の前は第一京浜国道が走り、
分断されているが、この参道が続いていたらしい。

薄日は射していたが、ビルに遮られているので、参道は少し暗い。
参道の調子(トーン)を撮るなら、f:8で1/100秒辺りが適正露光だと思う。
でも、空の雲の様子を出すならf:16/100秒だろう。
ピクセル等倍北品川宿 1
暗い部分、黒潰はあるものの、これなら合格だろう。
ピクセル等倍北品川宿 2
白飽和は少しあるものの気になるほどではない。

ジャンク品のカメラを直したが、腐っても鯛は鯛。
レンズの解像度はかなり高い。
千円くらいで手に入ると期待したが・・・意外と高い値が付いていた。

6×9の中古・中判フィルムで、安く・高画質なカメラとしたら、これがベストかも。
(ただし、修理して使うのが前提:暇を弄んでいる老人には格好の遊びアイテムでしょう)
旧東海道・品川宿1397-4 Ⅱ
大正か昭和初期に建てられた店も残っている。
旧東海道・品川宿1397-3
銅板の上に店名が施されている。
右から左に文字が書かれ、
「星野金物店」と読める。
おそらく大正時代(あるいは明治時代)に建てられ、
それから、商売替えをせず、現在まで続いているのだろう。
こんな建物をみると、すごいなぁと思ってしまう。
旧東海道・品川宿1397-5 Ⅱ
ここまでが北品川宿だったようだ。
浜へ向かう道には「溜屋横町」という名がつけられていた。
舟どまりへの道という意味だろうか?

6×9の中判カメラ、レンズはOpton-Tessarの105mm F:3.5のレンズが付いている。
35mmカメラに換算すると42mmくらいの画角になる。
42mmでも狭い宿場町の光景を捉えるにはすこし画角が狭い場面もある。(後ろに引けない)
もう少し広角の35mmから28mmレンズのほうが良いかも。

スポンサーサイト



  1. 2021/09/09(木) 14:16:05|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<舟溜り | ホーム | うな垂れているのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1859-23d565ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR