fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

昼のひまわり、夜のひまわり

数万年まえの人類も、花を遺体とともに埋葬したという。
その花粉が化石化され残されていたという。
深い悲しみを癒やすものが花だったのだろうと想像する。
単に美しいもの、可愛いもの、という範疇を超えている。

「ひまわり」には明るく健康的なイメージがあるが、
ソフィアローレンが主役の映画「ひまわり」を見た人は、
単純に綺麗なものと捉えることはできないだろう。
広大なひまわり畑の下には、
戦闘で亡くなった兵士が埋められているイメージがつきまとう。
埋葬と花・・・数万年前の話ではない、ほんの7,80年まえの出来事だ。

「昼顔」の花には、カトリーヌ・ドヌーブの映画のイメージがつきまとってしまう。
非常の魅力的だったが・・・可憐さの裏には、隠微・背徳の陰が残る。

綺麗な花を綺麗に撮ってどうする?
感覚が単純すぎないか?
ロダンなら「浅薄なる幼稚」と切り捨て、
本質を掴めと叱責するところだろう。

美しく可憐なイメージの「花」を撮ることは止めようと思っている。
別の一面が発見できるかもしれないから。
昼のひまわり1395-1 Ⅱ
蛇腹のフィルム面の抑え板の隙間を、遮光テープで塞いでみたが、
まだ、少し光漏れは残った。

もう少し空を入れたフレーミングをしたつもりだったが、
パララックスの関係で、下の部分が多く写ってしまった。
撮影時刻は午後3時頃、ほぼ太陽を背にしている。
良く晴れた青空が広がっていた。 
ACROS100フィルムなので、
普通に撮影するなら、f:16/100秒 あるいは、
ひまわりのディテール重視なら、f:11/100秒の露光を選ぶ。
GN28のやや大きめの携帯ストロボを焚き、レンズシャッターなので1/500秒の最高速度で撮影した。
空に対しては、2~3絞り少ない露光になった。
空は暗く落ち、夜のような写真になった。
夜のひまわり1395-8
同じ場所、夜9時頃撮影した。
少し離れたので、フレーミングによるパララックスは少ない。
ひまわりの時期はもうすぐ終わる。
首をうなだれたようなひまわりを撮りたかったが、今一の結果。
風がなかったので、4分の長時間露光で撮ってみた。

スポンサーサイト



  1. 2021/09/05(日) 12:08:45|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うな垂れているのか? | ホーム | ひまわり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1857-005cd879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR