fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

北品川 船泊にて

背景は、品川駅東側のJR敷地に整備されたインターシティーのビル群。
江戸時代、この辺りは砂浜だった。
黒船の来航で危機感を感じた幕府は、
江戸の守りとして、お台場を建設する。
(天王洲アイルは第四番お台場)
明治になると埋め立てが更に進み、
鉄道が通り、運河ができ、漁師町に整備されていく。
この橋は、大正時代の末期に作られたもの。
北品川船泊り1393-62
昭和30年(1955)頃の秋、ここから乗り合い船に乗り、ハゼ釣りに出た覚えがある。
沖に出ると、お台場がいくつもあり、そのお台場に上り、釣りをしている人もたくさんいた。
その当時、屋形船はなかったと思う。
北品川船泊り1393-64
昭和40年代になると、埋め立ても進み、
ハゼも釣れなくなり、秋の乗合船は・・・話題にならなくなっていた。
今は、まだ、乗合の釣り船もあるが、多くは屋形船観光が主になっている。
このコロナの影響で、経営は大変だと思うが、
それでも、屋形船の乗り場の建物は、年々綺麗になっていく。
午後3時ごろだが、係留されている屋形船の数は少ない。
経営が上手なのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2021/08/31(火) 09:23:39|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御殿山へ | ホーム | 天王洲にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1852-e3a19bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR