FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

狛犬? 神田明神にて

雨の降る師走、神田明神近くの画廊、ギャラリー・バウハウスで開催されている小瀧達郎展に行ってきました。
「現代のパリを、1930年~50年代に製造されたライカのレンズで捉えたという」キャッチフレーズに魅かれていました。
8つ切り程度の大きさの写真が、クリーム色の印画紙に美しく焼きつけられていました。それぞれ15枚ほど焼かれたようです。1作品5万円で販売しているとのこと。
プロの手になる作品、見ごたえはありますが・・・1930年代のパリといえば、ブラッサイ、ケルテスの活躍した時代。パリを写した作品が 頭をよぎります。戦後なら ドアノー・・・どうしても、比較してしまいますね。
先人が写したパリに対し、写真家 小瀧達郎氏がどのような パリを発見をし 切り取ったか・・・ 
来年1月18日まで開催されているとのこと、そのことを確かめに、もう一度 いくことになりそうです。

ギャラリー・バウハウスの近くに(歩いて1分)神田明神があります。山門に獅子の彫り物がありました。彩色された金色が輝いていました。これを森山大道氏なら、どう撮るだろうと 考えながらフレーミングし撮影。
神田明神596-32a

古いライカレンズの味わいを確かめに小瀧達郎展へ 来たはずが、まだ、森山大道ショックが 心に残っているようです。
帝釈天の山門にも獅子が彫られていましたが、彩色はなく(剥がれ落ちた?)、顔は恐ろしいが、あまり目立ちません。神田明神は極彩色に彩ら、目立ちます。やはり 獅子→狛犬なのでしょうね。
森山大道氏のテクニックを盗んで、プリントして見ました。大きく伸ばすと 迫力があります。
ネガに記録されたデーターを最大限利用するのが、大道氏の流儀のようです。微かに残る銀塩を、覆い焼きで浮かび上がらせる、あるいは反対に、焼き込んで消してしまう。印画紙の階調性を最大限利用し、白黒のコントラストを輝くものにする。
盗むぞと・・・と必死になって、Try&Errorしていたら、なんとなく大道氏が意図していること理解できる気がしてきました。
結局 やっていること、コピーなの?
複写機はゼロックスから始まった。英語では Xeroxという言葉が動詞として使われているほどです。
戦前、写真がごく一部人の道楽か、写真館で撮られていた時代、ライカの名手と言われる写真家がいた。しかし、今、ニコンの名手も キャノンの名手もいない。
書類を複写するのに、ゼロックスの名手はいない。誰でも 書類をセットし、ボタンを押せば、完璧に複製された書類を得ることができる。
写真もそうなんだ・・・ポチィとボタンを押し、目の前にある光景を複製しているだけ。
ネガに捉えたデーターを最大限利用しプリントすればいい・・・テクニックてそんなものだよと 森山氏は語っているのでは?
今は、カメラつきコンピュータの時代。技術は進歩している、写真もコンピュータ任せでもいいではないか。眼前の光景をちゃんと記録(コピー)してくれさえすれば。
ニコンやキャノンの重い一眼レフはいやだ、画質に問題なければ、馬鹿チョンカメラでもいい。要は、画像のデーターを最大限利用して、それをプリントするだけ。何も銀塩の濃淡フィルムのデータにこだわる必要もなし。そんな 呟きが聞こえてきました。
やはり、デジタルの時代かなぁ。

スポンサーサイト



  1. 2013/12/25(水) 19:01:56|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀ブラ そしてギャラリーのはしご | ホーム | 困ったものだ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/184-cb21fbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR