fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

武蔵小山駅前

武蔵小山駅前の再開発が進み景観が一変した。
武蔵小山駅前1376-21
f:8/500秒が適正な露光かなぁと思ったが、
その前後の露光で2ショット撮ってみた。
いずれの露光でも、少しシュール感がでた写真になったと思う。
武蔵小山駅前1376-19
硬調な現像液(Ⅱzf1)で現像した。

黒潰(一絞り少ない露光)も白飛び(一絞りオーバー)も、
あまり目立たないネガになった。
ただし、ハーフトーン・・・広場の石畳にトーンの違いが出ていた。

市販の現像液(D76、フジのスーパープロドール)などで現像したら、暗い部分は潰れ、
一見すると白黒のコントラストの高い、すっきりした写真になると思う。
相対的に短い波長(青)には低感度なので、
晴れていたら空は落ち、雲がくっきりとでる。
白飽和に対しては耐性があるので、
風景を撮ったら従来の酢酸セルロース系フィルムとの差を実感できるだろう。
また長波長側まで感光域が伸びているので、ポートレート向き、肌が綺麗に写る。

Retro系フィルムは、その特徴を掴めば、色々と応用の効くフィルム、
ただし、現像時間は少し長くなるし、
市販の現像液の選択肢が少なくなった現在、
その性能をフルに発揮させるのは難しい。
上級者向き、使いにくいフィルムというレッテルを貼られているが、
合った現像液が選択肢のなかに残らなかっただけだろう。



スポンサーサイト



  1. 2021/06/01(火) 10:13:03|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<囚われの樹 | ホーム | 黒塗りの車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1804-1beecd81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR