fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rollei Retro400Sフィルム

緊急事態宣言がなかったら、
もう一度 Retro400Sフィルムの現像条件を検討しようとは思わなかった。
家にいる時間が増える。
懸案だったフィルム実験を再開し、
ベストな条件を見つけようとする。
おそらく36枚撮りフィルムで、6本分くらいテストに使ってしまった。
ようやく、本日実験は終了。

Retro400Sフィルムの性質を、少しは分かるようになった。
でも、これで終わりとはならないだろう。
まだまだ、このフィルムには、隠された能力はあると思う。

しばらく使ってみて、それからまた考えようと思う。
実際に撮ったフィルムを(Ⅲi)現像液で現像してみた。
ネガフィルムをスキャンしPCに取り込む。
Retro400S 取り込み
現像液は、Fomapan100なら(Ⅲo)、
SuperPan200なら(Ⅲb)かフェニドン系のP(Ⅲd)を選ぶ。
Retro400Sでは、(Ⅲi)がベストだった。
(Ⅲ)系の現像液は、D76より少し硬調な現像液だと思う。

階調性(トーンの幅)は、SuperPan200と同程度で、Fomapan100よりは広い。
フィルムのベースが透明なポリエステル(Retro400S,SuperPan200)と、
少し色の付いた酢酸セルローズ(Fomapan100)の素材の違いが大きいと思う。
Retro400S1373-5.jpg
ISO:400の高感度フィルムなので、銀粒子が出やすい。
でも、階調性も高く使いやすいフィルム。
この現像液だと、足も有り(黒潰れを防ぎ)、白飽和もかなり防止できる。

3200dpiでフィルムを取り込んで、1250万画素程度の画像を得ている。
この辺りが35mmフィルムの限界だろう。
微粒子タイプの低感度フィルムなら、2000万画素くらいまでOKだと思うが、
そうなると、また、特別なスキルが必要になるかも。
高画素の写真が欲しかったら、
ブローニー(120)フィルムで写真を撮るほうが実際的だと思う。
Retro400S等倍
等倍でこの程度の粒子が出る。
四つ切りにプリントする程度なら、粒子のざらつきは感じないと思う。



スポンサーサイト



  1. 2021/05/19(水) 14:38:50|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Retro400S       硬調な現像液で現像してみる | ホーム | 小山八幡神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1796-9d232f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR