FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

ネガは作曲、プリントは演奏

アンセル・アダムスの言葉だったと思う。
カメラを操作し、構図を決め。
光を確かめ、絞り、シャッター速度を調整する。
そしてシャッターを切る。
露光したフィルムは、暗室で現像しネガを得る。
ネガは作譜のようなもの。
それでは、まだ作品にはなっていない。
ネガを、再び暗室で印画紙に当て、現像し陽画(ポジ)像を作る。
それで写真は完成する。

デジタルの時代になり、
ネガをスキャンしデジタル変換する装置が、
アマチュアでも購入できる金額になった。
感覚的には、暗室で行ってきた引き伸ばし作業を、
明るい部屋で、椅子に座り、
PCの前で結果を見ながら行うことができるようなる。
暗室で引き伸ばし作業をしている時、
印画紙の号数を変えたり、覆い焼きや、焼き込みをして、写真の調子を整えたが、
レッタッチソフトを使えば、それに近い作業も行えるようになる。
技術の進歩が、うれしいことに、フィルムで撮る写真の選択肢を広げてくれた。
SuperPan200軟調現像1371-8
SupperPan200取り込みDSC07517
ネガをスキャンしデジタル化するのにエプソンのF-3200を使用している。
もう10年近く使っている。
電子部品で作られた機器、壊れたら、修理は不能だろう。
動く限り、使い続けるつもり。

この機器のおかげで、
現像したネガを数値化し、
エクセルで計算処理すると、
現像液成分の効果をグラフ化できるようになる。
見えないものが、見えるようになってきた。
この機器がなかったら、現像液の最適化はできなかったと思う。

SuperPan200 ピクセル等倍
SuperPan200フィルム、YA2フィルターで空を落とし、登ってきた月を画面に入れた。
ネガを等倍まで引き延ばすと、月の兎の文様を、しっかりと捉えていた。
Jupiter-12、35mm広角レンズが優秀なのか、
SuperPan200フィルムがいいのか、
それとも現像液の選定が良かったのか・・・
小生(人)がすべきは、単にその条件を整えるだけ。
あとは、すべて、カメラ、フィルム、現像液任せ。

スポンサーサイト



  1. 2021/05/09(日) 12:03:19|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大崎散歩       ビオゴンと呼ばれたレンズ | ホーム | 勝島運河にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1792-78a9f23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (127)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (112)
レンズの眼、カメラの眼 (43)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (107)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (280)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (60)
樹、草、花  (74)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (34)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR