fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

藤の花

桜が散ると、春の花が一斉に咲く。
淡い紫の藤の花が咲いていた。
藤の花1367-17
敢えて白黒フィルムに拘り、色をなくす。
藤の花1367-18
藤の花の違った姿を見いだせないかと思いシャッターを切る。
レンズは21mmの広角レンズ、現像は中庸な(Ⅰaf)現像液を使用した。

別の日、その藤の花が気になり、再度撮影に挑戦。
藤の花1368-13
レンズは標準50mmレンズ、YA2フィルターをつけ、一番硬調に仕上がる(Ⅱof)現像液で処理した。
同じFomapan100フィルムを使っているが、
まるで赤外線フィルムを使い、赤外線カットフィルターを使ったようなトーンになる。
緑の葉まで、白く記録されていた。
藤の花1368-21
藤の花1368-24
コントラストが付きすぎてトーンは破堤している。
このカットに関しては、
(Ⅰ)系統の中庸現像液で現像すれば、
もう少し落ち着いた豊かなトーンになったと思う。

近所の散歩なので、撮りたいと思える被写体は限られる。
見つけると、こう撮ったらどうなるだろうと、何度か同じ場所に出向く。
うまい写真、上手な写真を求めている訳ではない。
うまい(綺麗な)写真が撮りたかったら、
デジタルカメラに替えている。

「移ろいゆくもの」の一瞬を記録するのが写真なら、
記録する媒体も、トーンの変化に敏感なほうがいい。

たとえ撮影に失敗し、トーンが破堤してもいいではないか。
失敗が深ければ、うまく撮れたときの感激は大きい。

デジタルはいつでも同じように綺麗に撮れてしまう。
「移ろいゆくもの」にたいするリスペクトを感じない。
ただ、それだけの理由で フィルムに拘っている気がする。
スポンサーサイト



  1. 2021/04/27(火) 10:41:40|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大崎駅 周辺 | ホーム | 東品川海上公園にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1786-4cd5cf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR