fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

東品川海上公園にて

目黒川 河口にある東品川海上公園にて撮影したもの。
東品川海上公園1366-16
東品川海上公園1366-22
東品川海上公園1366-24 Ⅱ
東品川海上公園1366-29
フィルムはFomapan100を使っている。

現像液を替えるだけでネガのトーンは変わる。
露光をたっぷり加えるか、控えて露光するか、
現像を押すか(増感現像)、浅くするか(減感現像)でも変わる、
フィルターを替えても、ネガのトーンは変化する。
ネガのトーンが期待したようにはならないことが多い。
フィルムカメラを、
うまく使いこなすためには、それなりの習熟が必要。
そのため、アサヒカメラ、毎日カメラ、日本カメラを 参考にしていた。

簡単に綺麗な写真が撮れるデジタルカメラの出現により、
旧来の古い写真雑誌は役目を終わり、
毎日カメラ、アサヒカメラは廃刊した。 
そして最後まで残った日本カメラがついに終わるという。

去年だったか、アサヒカメラが廃刊になるという記事を読み、
それを求めに大崎の書店へ行ったとき日本カメラの雑誌を見た記憶がある。
購入しようと 同じ書店へ行ったが、すでになかった。
店員に聞いたが、在庫はなく、入荷はないという。
もともと発行部数は少なかったのかもしれない。

大崎駅近くにある、もう一つの大型書店のTSUTAYAへ行ってみたが、
日本カメラは取り扱っていないという(つれない)返事だった。

家に帰宅し、ネットで購入できないか調べたが、
電子書籍はあったが、紙の雑誌は置いていない。(アマゾン、ヨドバシ)

これが実態なんだと思い知らされる。
写真はプリントされた紙媒体(反射光:CMY)で見るのではなく、
液晶などの電子媒体(透過光:RGB)で見るように変化している。

透過光の方が、コントラストは高いし、色の彩度も高い。
小さい頃からカラーテレビ(RGB)で映像を見てきた人が、今、大多数になってきた。
プリントしたもの(CMYとBlack)で画像を見る(確認する)習慣はなくなっている。
なんでわざわざということになったのだろう。
従来のカメラ雑誌は、行き場を失っている。
代ってデジタルカメラ雑誌が出版されるようになっているが・・・その将来はどうなのだろう?
時代はすでに次のステップ、Phone-Cameraの時代に入っている。
映像を求めるなら電子版ということになるのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2021/04/25(日) 12:32:50|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤の花 | ホーム | 何の花?  白黒フィルム、カラーフィルムと、デジタルカメラで撮影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1785-46937ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR