FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Rage to see 見たがる、そして欲しがる

今は殆ど見かけないと思うが、
中学校の修学旅行(60年以上前だろう)で、京都に行くと、
バスの所まで、木製の浅い箱を首から提げた物売りが来て、
絵はがきを売っていた。
どんな所へ行き、どんな風景を見たのか、
土産に、絵はがきを購入する。
需要は高かった。

映像の世紀。
Rage to see
写真が発明され、
映画ができ、見ることの飽くなき爆発が起きる。
見たがるし、そして欲しがる。

プロなら、人が欲しがる映像を撮る、あるいは作る。
そして、撮影の依頼者は、意向に応じてくれるプロを選ぶ。
それが映像ビジネスの原点。
独りよがりな写真では、
誰も手を伸ばしその写真を買ってはくれない。

趣味で写真を撮る者に、依頼者はいない。
自分の子供の成長を撮影するにしても、それは無償の行為。
奥さんに頼まれ、撮ったところで、そこに金銭の授受は生じない。
純粋に撮ることだけ。
人に気に入られる写真を撮ることが、
動機にはなっていない。

林試の森で見た樹。
葉がまだ出てこないので、何の木か、よく分からない。
面白い形だと思って・・・自分の興味に従って撮ったまで。
林試の森1353-9
林試の森1353-8
なんだこの樹は、天に向かって不平でも言っているのか?
そんな勝手な想像をして遊んでいるだけ。

誰の眼を気にして、写真を撮る?
クライアント(依頼者)は自分だ。
グロテスクなもの、怪しいものだって、
撮りたければ撮ればいい。
スポンサーサイト



  1. 2021/03/26(金) 08:34:12|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花はまだか? | ホーム | 春の彼岸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1761-4d88e3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR