FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

写真のトーン          フィルム、フィルター、現像液と現像法

赤外線カットフィルター(R72)を使い、
Rollei赤外400のフィルムを使うと、
感光域が赤外部のみとなるため狭い。
ネガは硬調なトーンになりやすい。

軟調現像液(Ⅵ)や中庸な(Ⅰ)系の現像液の現像データーは取ったが、
中庸(Ⅲ)や、硬調(Ⅳ)系の現像液のデータは取っていない。
硬調な現像液を使うことも、考えるべきかもしれない。

こんなトーンのネガもできた。
大鳥神社1352-31 Ⅱ
白飽和も黒潰れもしていないと思う。
エッジがでて、建物の輪郭がくっきりでる。
樹の幹の文様が強調されていた。
新緑の葉が、白く輝いて記録できていた。
ちょっとシュールな写真だが、
レタッチソフトのアート・フィルターを使って作ったわけではない。

ネガに記録できた銀画像のトーンは、
フィルムに何を使用したか、
どんなフィルターをレンズにつけて撮影したか、
露光の与え方(オーバー、アンダー)、
現像液の選定と、その現像液の使い方、
で変わる。
その選択肢は、
撮影者に委ねられるべきものと考えている。

それが 良い選択だったか否かは 
デジタル写真と同じ土俵(プリント)で評価されるべきだろう。
デジタルのほうが良いものはデジタルで撮ればいい。
(それが殆どだろうけど)
スポンサーサイト



  1. 2021/03/19(金) 10:47:00|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<輝く花 | ホーム | 池上本門寺         Rollei赤外400フィルムを使う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1754-44158d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR