FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

池上本門寺         Rollei赤外400フィルムを使う

3月14日 東京は、
靖国神社の標本木に
数輪の花が咲き、
開花宣言があった。
この日、池上線に乗り、池上駅で下車、
池上梅園へ向かった。
途中、本門寺を参拝した。
本門寺1351-15
布地は赤外光を反射して、白飽和しやすい。
人物が写り込むと、トーンを整えるのが難しくなる。
右に並んだコーンの色は赤だった。
白く写るのは当然だろう。
本門寺1351-16 Ⅱ
順光で撮影すると、空は暗く落ち、木々の緑は白く写る。
本門寺1351-19
池上会館屋上の庭園から神奈川県方向を見る。
太陽の光は半逆光、空はまぶしい。

現像し、
ネガ画像をパソコンに取り込み、
確認して驚いた。
目視では、まぶしすぎて雲と見分けがつかなかった富士山を捉えていた。
遠くの山は丹沢山系、
高いビル群は、武蔵小杉の街だろう。
本門寺1351-21
順光に近い方向を狙ったので、空は暗く落ちている。
五重塔の左に見えるビルは、新宿の都庁ビルらしい。
武蔵小杉の街は、多摩川の対岸にあり、
池上からだと、新宿よりずっと近い距離にある。
本門寺1351-23
レンジファインダーカメラの限界近くまで近づいて、
クローズアップ写真。(0.9mから1mが限界)
池上の桜は、開花には至っていない。
本門寺1351-26
赤い椿の花を撮ったつもりだが、緑の葉も白く写り、見分けがつきにくくなる。
これも赤外線効果。
距離補正しながら撮っているので、どのコマも、それほどピントは外していないと思う。
スポンサーサイト



  1. 2021/03/18(木) 12:11:25|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真のトーン          フィルム、フィルター、現像液と現像法 | ホーム | 目黒川の桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1753-48278d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR