FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

SuperPan200 フィルムを使ってみる

イルフォード系(イギリス)のフィルムは何度か使ったが、
高くなったので、
数年前、ヨーロッパ系のフィルムに切り替えた。

そのなかに、気になるフィルムがあった。
フィルムのベースがポリエステルだという。
アグファ製のフィルムだと思う。
でもすでに、アグファ製フィルムには、
Retro80S,Retro400S、赤外400の三つのフィルムが用意されている。
なんでわざわざ、ISO:200のフィルムを出す必要があるのだろう?
価格もほぼ同じ、
テストしてみようかと、100フィート巻き一缶を購入した。
これは そのテスト撮影でとったもの。
SuperPan200 film1346-30
SuperPan200 film1346-31
カタログによると、
赤外線写真も可能で、
撮るときは715nmカットのフィルターが推奨されていた。

そこで、R72(720nmカット)フィルターをつけて撮影。
Retro80SやRetro400SでもR72をつければ、
似たような赤外線写真は撮れると思うが・・・
このフィルムのほうが、少し赤外線効果が強いかもしれない。
(カタログの分光感度曲線からすると・・・400Sのほうが高いと思うのだが。)
粒子も意外と細かく目立たない。

現像特性も、Retro80SやRetro400Sとは異なっていた。
同じアグファ製のフィルムだと思うが、やはり別物。
Retro400Sフィルムは
Retro80Sフィルムと赤外400Sフィルムの間に挟まれ、
個性が発揮しにくい。(粒子は赤外400並、際だった特性はない。)
SuperPan200には、違った特性が あるような気がする。

今、軟調や硬調の現像液で現像した場合のチェックを進めている。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/26(金) 21:48:07|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SuperPan200、テスト撮影        林試の森にて | ホーム | Fomapan100 (Ⅰaf)現像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1742-df06c270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR