fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

西大井を歩く            Fomapan100 P(Ⅲd)現像液を試す。

2、3日前も、西大井駅周辺を歩いた。
そのときは、Jupiter-3のレンズをつけたコシナ製BessaRカメラを持っていた。

この場所で撮るなら、BessaRカメラは適当ではない。
ニコンのカメラにニコンの広角レンズをつけて撮影すべきと思った。

そこで、Nikon Fに Nikkor 24mm F:2.8のレンズをつけ、
ポケットにYA2(橙色)のフィルターを入れて出かけた。
西大井散歩1343-12
現像液はフェニドン系現像液、
D-76より少し硬調な現像液だが、
P(Ⅲz)より、P(Ⅲd)のほうが少し硬調に仕上がるようだ。
しかし、黒潰れも、白飽和もかなり防げる。
階調の豊かなコントラストの高い写真になる。
かなり使い勝手がいい。
西大井散歩1343-13 Ⅱ
空に対しては完全に露光オーバ。
明るい部分、焼き込んでみたが、銀塩のザッラとした粒子がでてしまった。
西大井散歩1343-19
ここが撮りたくて、Nikon Fを持ち出した。
50数年前、このNikon Fも、
Nikon SPも・・・そして Nikomart FTnも、
ここにあった工場で製造された・・・と思うと、
時代の変革を考えざるを得ない。
西大井散歩1343-18
永遠なんてあり得ない。
もう、フィルムカメラの時代でもあるまい。
この場に立てば、そう思い知らされる。
西大井散歩1343-21 Ⅱ
老兵は去りゆくのみ・・・だが、
弾薬(フィルム)の供給が続く限り、ニコンのカメラを手放すことはないだろう。
-------------------------------
現像主剤にフェニドンを選択肢に入れたことで、
作れる現像液の選択肢が増えた。
Fomapan100用でテストしているが、
このフィルムに合っているようで、階調性が、いい方向へ動く。
特に 硬調な現像液で効果が大きい。
(Ⅳ)や(Ⅱ)などの硬調現像液で、その効果は大きい。
今、その最適化を試みている。
Fomapan100の別の面を発見した気がする。


スポンサーサイト



  1. 2021/02/07(日) 19:09:15|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西大井 ニコン工場 | ホーム | フェニドン現像液 試写     Fomapan100>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1733-db60d3af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR