FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

散歩で目にした植物  その存在感

久しぶりに Nikon Fを もって散歩に出た。
東京オリンピックの翌年に購入したものだから、もう56年使い続けている。
一度、ミラーが上がったままになり、修理に出したが、
それ以外故障はない。
今でも現役で使える。
最初の頃は、よく使ったが、
ペンタプリズムは目立つし、レンズも重いので、
この頃は、レンジファインダーカメラに手が伸びる。
冬 散歩 植物1338-11 Ⅱ
でも、いいカメラだと思う。
パララックスがないし、視野率はほぼ100%、
それに50mmの標準レンズをつけたとき、ファインダーは等倍で明るい。
両目を開けて被写体を確認し、撮影できる。(Nikon SPと同じ使い方ができる。)
絞りボタンを押すと、ボケ具合(被写界深度)を確認できる。
冬 散歩 植物1338-33
Nikon S用の50mm F:1.4レンズは良いとは思えなかったが、
Nikon F用のレンズは優秀だと思う。
最短は60cm、レンジファインダーに比べ、近寄れるが、もう少し近寄りたい。
このレンズ、開放では 少しフレアーがでることもあるが、
少し絞るとなんとも言えないボケみになる。
個人的にはf:2.8の絞りがいい。
撮影では、f:4~f:5.6を使うことが多い。
冬 散歩 植物1338-26
この標準レンズ50mm F:1.4レンズより ワンランク上のレンズがでたら、
Nikon Fを買い換えてもいいと、考えていたが・・・
その後モデルチェンジしたNikonカメラに付いている標準レンズで、
このレンズよりワンランク上のレンズと思えるものにぶつかっていない。
同等と判断し、結局 Nikon Fの買い換えはしなかった。

まだまだ 現役で使える。
いいカメラだと思う。

 
スポンサーサイト



  1. 2021/02/04(木) 12:29:14|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フェニドン現像液 試写     Fomapan100 | ホーム | Fomapan100    ラストチョイス フェニドン現像液  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1731-21437cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR