FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

もうすぐ春

新年になった。
季節は巡るが、
一日単位で見たら、
それで何かが急に変わる訳ではない。

でも、新年を迎えれば、去年の嫌なことは過ぎ去り、
なにか希望の持てる年になってほしいと願う。
春を呼べ1332-6
12月の中旬大崎を散歩していると、寒桜が咲き始めていた。
春を呼べ1332-7
この花が散っても、3月の下旬になれば、また目黒川の遊歩道に桜並木ができる。
今年は、穏やかな気持ちで、その桜並木を、写真に納めたいものと思う。


選挙民の歓心を買うため迎合し、(ポピュリズム)
対抗馬になりそうな議員を閑職に追いやるのが得意な政治家に、
人間の思惑には従わないコロナウイルスを相手に、
正当な駆け引き、できるのだろうか?と思ってしまう。

デモクラシーと共に生まれた理念が サイエンス(科学)。
でも、日本では、サイエンス(理念)の何かが分からない人が、首相になっている。

ドイツのメルケルさんは、確かにサイエンスの何かを知っている。
今度、アメリカの副大統領になる(であろう)カーマラ・ハリスさんも、どうやら分かっているようだ。
(副大統領指名のスピーチは、良かった。ちゃんとサイエンスという言葉を表明していた。)
うらやましいかぎり。

ないものねだりしても致し方ないが、
何年か、何十年か後、
「悪魔の(安倍・管)自民党時代」と揶揄されなければいいと思う。
スポンサーサイト



  1. 2021/01/01(金) 11:58:11|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きれいは汚い、汚いはきれい | ホーム | 初詣は・・?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1712-68ceb55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR