FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

初詣は・・?

今年の一月は、
ダイアモンド・プリンセス号のコロナ感染の話題で持ちきりだった。
それが3月になると、単なる話題で終わらず、
現実的な感染拡大に繋がっていった。

初期段階で政府に判断ミスがあったと思う。
対策は後手後手に回っていく。
対策を具申した専門家会議の委員の中に、
間違いを認めたくない人がいたと思う。
その人は会議にメンバーのなかでも一目置かれる人で、
権威的で頑迷な(俺のいったことに間違いはないと断言する)
「森 林太郎(鴎外)」のような人だった・・・と想像してしまう。

コロナ対策の検証のためにも、会議録の公開は是非とも必要だ。
問われると、出席者の各人は、議事録の公開は、口頭ではOKですといいながら、
実際には、まだ公開されていない。
「自由に発言してよいという会だったので、
自由に発言したまで、それを公開するとは、約束違反・・・・」
公開を前提ではないので憚れるという。
(犯人捜しは止めてくれ・・・とのこと。自分の発言に自信がないようだ。専門家と呼べるのでしょうか?)
どうなんですかねぇ、この国は。

安倍元首相も、管首相も、口ではするといいながら、
実際には公開しないのがこの国のトップ。
日本の体質的な問題かも知れません。

しかし、そのため自制・自粛の生活になってしまった。
この一年、散歩にカメラで消費したフィルムは80本、
例年100本ほど使って居たので、少し減っている。
電車に乗って遠くへ行くことがめっきりと減り、
家の周りを散歩するのが 主な行動範囲になっていた。
初春1334-5
新年を迎える準備は整ってきたが、
初春1334-12
初詣の準備はどうなっているのだろう?
初春1334-21
元日の深夜、
例年のような初詣の人混みは見られるだろうか?
スポンサーサイト



  1. 2020/12/31(木) 10:04:05|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もうすぐ春 | ホーム | 勝島運河まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1711-a60e6c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR