FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Nikon SPと ContaxⅡ(KievⅡ)マウントの比較     : 写真撮影 海上公園まで

戦前、ライカの成功に刺激され、ツアイスが製造したカメラがContax。

ライカは、報道関係では、携帯性、操作性の良さから、広く使われたが、
ツアイスのレンズは、折り紙付きの(超)特級品。
コンタックスが生産されると、その優秀さから、コンタックスに取り替える人が出てきた。
勿論、ライカより高価。
ライカは50mm F:3.5のエルマーレンズ付きがよく売れたが、
ContaxⅡは 50mm F:1.5 のゾナー付きが よく売れたらしい。
主に、購買できたのは、軍関係機関、報道機関や富豪だっただろう。
キャパも 最初のころはライカのSummar 50mm F:2で 撮影していたが、
名作となったノルマンジー上陸作戦時のカメラは、
2台のContaxⅡと、一台のローライフレックス(いずれも、敵国ドイツのカメラ)だったという。
戦後・アメリカのライフ社のカメラマンにもContaxⅡファンは かなり残っていたらしい。

Contaxのカメラは、おそらく同盟国ドイツから、
海軍軍人経由、あるいは直接的に日本光学が入手し、
徹底的に調べていたと思う。
そしてライカの良い点と、コンタックスの良い点のいいとこ取りをして、
戦後S型ニコンを作った。
ニコンはマウントを忠実に再現していると思う。
マウント比較 計測
内マウントは50mmの標準レンズ専用となり、それに合わせネジのピッチが切られている。
外マウントは内マウントの回転をそのままうけ、距離計を動かすが、
鏡胴の方に、距離が合うようネジのピッチが切られている。
フランジバックが同じか否かを測定知るためには、精密な測りが必要だが、その精密機器は手元にない。
ノギスを使って、計ってみた。(フランジバックを測定すべき場所が違うので、この値は絶対値ではない。)

フランジバック実測
ノギスの精度は0.05mmというかなり粗い精度。
コンタックスⅡaとNikon Sの フランジバックの差は0.2mmなどと吹聴する人がいる。

それが、本当か確かめるためには・・・より精度の高い物差しが欲しいところ。

試しに計って、繰り返し寸法をとりデーターをまとめてみた。
T-検定したが、「同じとして仮定して」も、95%水準でこの仮定を 否定することができないレベルだった。
(25年前、ウィンドウ95,98の時代、エクセルを使って実験データを処理していたが・・・統計処理の手順、判断法 大方忘れた!)

外マウントを使うレンズは、回転角で距離が決まる。
S型ニコンは 国内より米国で販売することを目的(敗戦により日本人は極端に貧乏、金持ち米国相手になる。)
のため、距離の表示はフィート単位となった。
コンタックスは、もとからメートル単位。
角度を分度器で測り、表にまとめる。
マウント比較 計測 グラフ化
なんということない。
回転角と距離は 完全に一致していた。
当時の日本光学の技術者は、ツアイスに敬意を込めて、100%(理念を)コピーしています。
----------------------------------------
Jupiter-9 ピントチェック
85mmのレンズも 完全に一致している。
キエフ製のゾナー85mm F:2(Jupiter-9)レンズも 完璧なクーロン・レンズに仕上がっている。(ツアイスの技術者の薫陶もあったのだろうが)
海上公園まで1327-4
海上公園まで1327-6
海上公園まで1327-7
海上公園まで1327-23
海上公園まで1327-19
海上公園まで1327-29
近景(最短近く)、中景、遠景と ピントの位置を変え撮影してみた。
いずれもピントはしっかり一致していた。

これでも、近距離で使うのは勧めませんと・・・言えるのかなぁ?


スポンサーサイト



  1. 2020/11/25(水) 22:07:57|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nikon Sマウントとコンタックスマウント その互換性 | ホーム | 林試の森へ        Nikon SPで Jupiter-8Mを使ってみる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1700-9f12db1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR