fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

第一波、第二波、・・・・第三波

朝起きたら、
米国大統領選で、バイデン氏の当確が出ていた。

結局、トランプ氏は、
中国で発生したコロナウイルスの対応を間違えたということだろう。
アメリカ中心主義をかかげ、
国際関係に大きな亀裂を与えたが、
イスラエル依りの米国民にとっては、
中東関係は望む方向へ動いたので、
それほど負のファクターにはならなかった。
むしろ経済的には好調だったので、
もしコロナウイルスのパンデミックがなかったら、
大統領選は、トランプ氏の勝利で終わったと思う。

日本の状況はどうなのだろう・・・と思う。
ピークを見つける
5月の下旬、東京は新規感染者の数は減り、明らかに第一波は収束を迎えた。
5月25日 政府は自粛宣言を解除する。
しかし、感染症の専門家等は、秋から冬になると第二波が来るので、その備えをすべきと警告していた。
その後、徐々に新規感染者の数は増えていったが、
政府は、経済優先を選び、全国的なGo toキャンペーンが始まった。
(東京は除外されたが)
アクセルとブレーキを踏んで、感染のコントロ-ルをするというが、コロナは管首相に忖度しない。
「総合的、俯瞰的に判断しているので それに当たらない」と いつもの文言で答えるのかなぁ。

自粛疲れもあり、人出は徐々に戻る。
秋の日の午後1321-17
10月1日には、東京もGo toキャンペーンに入る。
秋の日の午後1322-34
秋の日の午後1322-36
しかし、その間も、感染者は徐々に増加していく。
人の関心も「コロナの怖れ」より、自由に行動できる楽しさに向かう。
------------------------------------
人間の都合に合わせてウイルスが行動するわけではない。
トランプ氏はそれを無視してしまった。
すぐ消える、たいしたウイルスではないと 
科学的なデータを無視(読まないか、読めない)し、
支持者向けの行動・政策を実行してしまった。
それが、彼の限界だったのだろう。

日本の政治家も同じようなもの。
科学的な理解力が不足している。
未だ、ウイルスと戦う、何ら有効な政策を作成することはできていない。
自助>共助>公助  まず、国民がウイルスと戦えということか。
一方、人の歓心(票)を買う Go toキャンペーンや、Go to イートの政策に巨額の予算をつけ、実行している。
第二波感染状況
政府は公式には第二波を認めていないのだろうが、
8月の初め、2日頃、第二波のピークを迎えていた。
政府は、7月22日のGo toキャンペーンを始めている。
それに、疑問を投げかける報道・声は 弱かった。(むしろ 賛同)
第三波の予兆
自分から問題を見つけ、科学的に読み込み、判断する訓練が・・・弱いのだろうなぁ。
回答が分かっているものから正解を選べば、(学校の試験では)秀才となり、最高学府に入学できる。
しかし、教科書的な中にとどまり その中で正解を求めていたら、次の世界は開けない。
最高学府に入ることが、立身出世の一つの道だと、必死に勉強するのは理解できるが、
それが、サイエンス(科学)の理念である というわけではない。

人種の多様性、富の格差、保守と革新の葛藤に苦しむ米国だが、
教科書的な中にとどまらず、新しい産業を興していく 
社会の許容性、仕組み・精神・は、やはりすごいものだと思う。
科学・サイエンスはデモクラシーから生まれた理念。
(科学は、聖書という教科書にとどまることなく、そこを破き、外に出ている。
聖書が全てという米国民もたくさんいる。その対立・葛藤も米国にはある。)
-------------------------------
東京都がネットに公開する感染者データーを記録し、
エクセルを使ってグラフ化し、
PCの画面を見て、その結果を、読み込む。
深いため息が出てしまう。
あなたなら、このデータ どう読み、判断する?
スポンサーサイト



  1. 2020/11/08(日) 10:37:18|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の紫陽花 | ホーム | 冬のあじさい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1694-0b5ff61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR