FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

台風12号が八丈島の東の海上を過ぎて行った日  Fomapan-100 軟調(Ⅵf)現像

9月24日 台風12号が、東京の遙か東の海上を北上していった。
発生当初は、九州を直撃するかと思われたが、大きく東に逸れて行った。
東京でも風と大雨の心配があったが、雨も風もそれほどない。
午後、雨は止んだので、勝島運河の護岸の花がどうなったか知りたくて、散歩に出た。
しかし、勝島運河に来たときは、細かな雨が降り出し、遠くは霞んでいた。
折りたたみの傘を広げる。
小雨の勝島運河1313-4
護岸の遊歩道に人影はなかった。
このフィルムは軟調な現像液(Ⅵf)で現像することにしていた。
これでは、眠いネガになるなぁ・・・と思った。
ほんの一瞬、遊歩道が少し明るくなる。
1,2分のことだった。
ラッキー・・・・こんなこともある。
小雨の勝島運河1313-7
すぐにボーとした単調なトーンに戻る。
花壇の花を撮りたかったが、軟調な現像液だと、花が背景に溶け込んでしまう。
持参した小さなストロボ(ISO:100でGN:11)をカメラに装着し、撮影してみた。
----------------------------------
古い蛇腹カメラだが、SuperIkontaとしては後期の製品だと思う。(一番新しい)
このカメラにはフラッシュと同期するMとXの接点がついている。
M級フラッシュバルブは最早製造されていない。
(世界のどこかで製造しているかもしれないが、手に入らないし、コストの面からも手を出しにくい。)
でもX接点がついているのでストロボは使うことができる。
60年近く前のオールドカメラだが、
いまでも基本的な撮影なら何でもこなすことができる。
蛇腹をたためばコンパクト、
手に持って歩いていても違和感はないが、
蛇腹を開き、いざ撮影となると、目立つのが欠点。
スマートフォン(Phone-Camera)なら誰も気にしないが、
見慣れない蛇腹式は、好奇の対象になる。
小さな子が寄ってきて、何撮っているの?と質問されたり。(カメラだと認識している!)
小生と同年の老人は、話しかけてくる「それ、銀塩か?」

ブローニーフィルムのカメラは使ってみると 面白い。
趣味としては楽しむのはいいのだが、
一カットあたりのフィルム代が高いのが・・・年金生活者にはきついかなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2020/10/07(水) 11:30:10|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<押上・スカイツリー       10月3日 都営地下鉄一日券の旅(1/6) | ホーム | 武蔵小山から林試の森へ     Fomapan-100を 硬調現像液(Ⅱf)で現像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1672-24a10997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR