FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎駅にて

美しい紅葉を美しく撮る。美しい風景を、美しく撮る。美しい花を、接写で美しく撮る・・・撮影テクニックに腐心すればするほど、大切なものが見えなくなっているのでは?そんな危機感を感じている。
背景の処理を考え、レンズを選び、構図に細心の注意を払い、適正露光、場合によっては、露光を何段階か変えて撮影する。そういった訓練をしていけば、確かに撮影術は、向上し、美しい写真が撮れるようになる。しかし、美しいと評される風景は、撮り尽くされ類型化している。本当に撮りたいのは、こういう美しい写真だろうか? と自問する・・・それで どうなの? 満足できた? So what? と詰問されている気がする。
やはり、原点に立ち戻るべきだろう。
うまい写真でなくともいいから、なにか心に残る写真が撮りたい。やはり、フィルムでモノトーンが、性に合っていると思う。
大崎駅にて587-4
大崎駅の改札に向かう通路。自転車は、下の駐輪場に預け、エスカレータか階段で、このコンコースに上ってくる。今まで、この場所で、自転車に乗る人を見たことがない。コンコースは、高層住宅棟にもつながり、さらには、百反坂にもつながるので、そこから、進入してくれば、ここまで 自転車で乗り入れるのは可能だが・・・
まっすぐ進めば、右に曲がろうと、左を行こうと、ビルの中へ入っていく。袋小路状態である。何で、自転車!?
この非日常的な雰囲気が面白く、1枚撮影。 現像しネガをみて初めて失敗に気づく。35mmのレンズに50mm用のフードを装着していた。そのため 周りが欠られたが、かえって、写真に非日常性を加味し 一時代前の写真のようなテーストをだしているとおもう。 うまい写真ではないが、こうゆう写真が、小生の好み。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/25(月) 23:59:30|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月の「さるすべり」 | ホーム | オールドレンズで東京の秋を撮る  原宿から信濃町まで紅葉を求め散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/166-3cb4573e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR