FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

「ヘビクボ」とはどこ?

三ツ木の四つ辻までぶらぶらと散歩で来たとき、
大谷石の塀で囲まれた古い民家を発見した。
面白いと思い、数日後、カメラに広角レンズをつけ、
民家の外観を撮りに来た。
その時の一枚に、この四つ辻の道標が写っていた。
道標2007年6月27日 NikonF
13年も前のことである。
この道標が気になり、約2か月後、再びカメラを携え、この四つ辻にくる。
道標25 三ツ木追分 Nokton50mm
道標24 三ツ木追分 
大崎テイシャバ、とか桐ケ谷、大井という地名は、想像がついたが、
「ヘビクボ」という地名は、漠然としていて、どこを指しているのかわからなかった。

昨日(暇なもので)近くの図書館へ行き、古い品川の地図を探した。
大正五年の地図が出てきた。
この道標が設置されたのが大正六年なので、同時期の地図ということになる。
大正五年の地図
地図上で、知った名前を探す。
肥後国(熊本)藩主細川家の下屋敷だった場所が現在戸越公園になっているが、
江戸時代は、かなり広い邸宅であったことがわかる。
維新後は三井家のものとなるが、
現在は、細分化され、
一部は区画化された住宅地に、
残りの区画は、大崎高校、区の体育館、戸越小学校、
戸越公園、文庫の森(公園)になっている。
大正五年には、まだ、東急・大井町線はなく、
横須賀線(子供のころは品鶴線と呼んでいた)も通っていない。
古地図を見ていると、いろいろな想像が働く。
三ツ木台地には人家はほとんどない。
東耕地と記されているように畑が広がっていて、
道標がないと道に迷うところだろう。
道標を、南に下り、戸越の小川を超え、次の台地を歩くと、
「古戸越」、「大間窪」、「下蛇窪」という場所に至る。
このあたりが「ヘビクボ」と呼ばれていたのかもしれない。

「品鶴線」をネットで調べたら、
1934年(昭和9年)12月1日 : 蛇窪信号場開設。
という記事を見つける。
場所は 東急・大井町線 下神明駅近くを指していた。
そこなら、つい最近も、写真に撮っている。
ヘビクボ探し1293-40
この写真は すでにこのブログに載せたかもしれない。
左を走るのは、新宿ラインの電車で大崎駅に向かう。
写真の前方が 横浜の方角。
ヘビクボ探し1294-19
この写真は、横浜の方角を背に、品川(大崎)の方角を見ている。
下神明は高架駅、鉄橋を過ぎたところで、線路は、品川方面と大崎方面へ分岐する。
そのあたりに「蛇窪信号場」があったのだろう。

蛇窪はこのあたりの総称で、
東急大井町線・下神明の次の駅は
「へびくぼ」駅と名付けられたが、
現在は「戸越公園駅」になっている。

地図を見ていると面白い。
生まれ育った土地だから、土地勘はある。
品鶴線が敷かれ、広大な、おそらく百反あったする田をつぶし鉄道の車両基地が作られると、
戸越から品川の海岸へ向かう道がふさがれてしまう。
現在も、戸越銀座、三ツ木の通りから海岸側に出ようとすると、大崎駅方向へ迂回するか、
大井町方向へ迂回していかなければならない。
品鶴線が敷かれたあたりに、「北品川宿 飛地」の文字が印刷されていた。
取り残されてしまった宿場は、小さな町工場へと変わっていく。

三ツ木の四つ辻は、二年後にも撮影。
道標113 2009年2月3日 三ツ木追分-3
大崎再開発がさらに加速し、タワーマンションの建設が始まっていた。
それから11年経つ。
10年 ひと昔、
桐ケ谷への道の撮影には、この四つ辻、同じ24mmの広角レンズで 撮ってみようと思う。
どれだけ変化しているだろう。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/06(日) 16:43:35|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<洗足池 | ホーム | 道標>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1658-72960254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR