FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

五反田・海喜館

五反田の目黒川沿いに、この建物があることは知っていた。
名前は「海喜館」。

もう60年以上前、まだ裸電球が、戦災の残渣のように残っていた時代。
ここだけは華やかで明るかった。
夕闇迫るころだった、身なりのいい男性の集団と、和服姿の女性が、
中に入っているのを見た記憶が強く残っている。
高級な料亭という雰囲気だった。

10年ほど前から散歩にカメラを持ち、このあたりを散歩したが、
料亭で宴会の時代はすでに終了、旅館として営業しているようだったが、
駅前にビジネスホテルもあり、流行っている感じはしない。
いつしか「怪奇館」なる名で呼ぶ人もいた。
でも、玄関につながる道は、いつも掃き清められ、旅館として営業はしている。
塀が一部壊れたときも、ネットを張り、その後、ちゃんと直されていた。

一躍有名になったのは、積水ハウスが詐欺にあった事件だった。
犯人グループは捕まったが、それ以来、営業は止めたようで、入り口には縄が張られるようになる。
久しぶりに、近くまで散歩すると、その建物がなくなっていた。
五反田・海喜館1303-16
庭と建物のあった場所は、塀に囲まれている。
五反田・海喜館1303-20
塀の高さは、背より高く、中を撮影しようとしたが、ファインダーで確認できない。
カメラを頭上にあげ、目測でフレーミングし撮影した。
現像し確認する。
こんなに狭い土地だったのか・・・といささか驚いた。
五反田・海喜館1303-18
上を見上げると、新しく開設された空路に、ジェット機が飛んで行く。
五反田・海喜館1303-19 Ⅱ
時代はどんどん変わる。
五反田・海喜館1303-21
その変わり様は、やはり、
歳をとらないと実感できないのかもしれない。
若いときは、無我夢中。
年寄りの感慨など、古くさいと切り捨てていた自分がいた・・・と思う。

こんな光景、あと何年 見ることができるだろう。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/01(火) 21:58:33|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道標 | ホーム | 戸越の夏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1656-c3edd6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR