FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

献花

1868年 徳川幕府は倒れる。
倒幕に論功のあった者達が中心になり立憲君主の政府ができる。
それから僅か77年後、日本は米国を中心とする連合国との戦に敗れ、
立憲君主制は倒れ、立憲民主制の時代となる。
戦争の責任を取り、軍の責任者は処罰を受け、
上級の政府高官は公職を追放されたが、
政府の行政機関の大幅な機構改革はなされず、(なされたとしても)
上司の命を絶対とする 真面目で、実直な下級官吏は残った。
国破れても、官僚機構は生き残る。
それが、今の日本の政府のあり方かもしれない。

上司から指示されたら、実直に実行する。
それは国民を欺くことになると・・・苦悩する役人がいた。
上司の命に従い公文書を改竄してしまい・・・悩み、そして自殺した役人が出た。
献花1302#6-9

戦後75年、あと2年で、明治の治世の期間に並ぶが、
今度の敵は、新型コロナウイルス。
歴史の皮肉か・・・と思う。
日本政府は、後手後手の対応。
大本営発表でもあるまいが、
どうにかうまくやっているという素振りを見せる。
「世界に冠たるクラスター班!」
そんなことを得意げに語る政府高官もいた。
国のあり方を変えなければ、いけない時期に達したのかも。

早坂隆さんの「世界の日本人ジョーク集」を読んでいたら、
日本軍のイメージが載せられていた。
第二次世界大戦のイメージが強いらしい。

「世界最強の軍隊とは、
アメリカ人の将軍、
ドイツ人の参謀、
日本人の兵

では、世界最弱の軍隊とは、
中国人の将軍、
日本人の参謀、
イタリア人の兵」

ジョーク集を読みながら、
専門者会議のメンバー、
厚労省の大臣、
コロナ対応大臣の顔を思い浮かべる。

最弱な参謀と、最強の兵、それが日本の組織の在り方かも・・・そうだよなぁと妙に納得した。
(外国の方、日本人の特性をよく見ている)
スポンサーサイト



  1. 2020/08/15(土) 11:56:32|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トーンも変わる | ホーム | 暑い、でも結論が出るまでは、テスト撮影は続けるさ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1647-979f89d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR