FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

予期せぬこと、何だろうと思うことがあるから・・・

雨の季節が終わり、青空の季節になったら使おうと、
冷蔵庫のなかに赤外線フィルムの長巻(100フィート)を保存していた。

赤外線フィルムは変質しやすい。
フィルムの期限は今年一杯で切れる。
冷蔵庫から取り出し、ディロールにセットし、マガジンに詰めて、使ってみた。
赤外フィルム1296-11
ISO:400の高感度フィルムRetro400Sでも使っている軟調な(Ⅵ)現像液を使用した。
問題なく使える。
高感度フィルム特有の、ザッラとした粒子が出るのが嫌だった。
コロナの影響で自粛生活、暇はある。
昔使っていたフジフィルムのミクロファイン現像液のようなものはできないかと、
廃版になっていた(Ⅴ)現像液を改良してみた。
Retro400Sフィルムで試したところ、かなり微粒子になり、ザラッとした風合いは減った。
TRI-X用に開発した(A)現像液に似ているが、配合的にはミクロファインに近づいたので、
現像液は(Ⅴm)とした。
赤外フィルム1301-28
その現像液を試したところ・・・・
一面に黒い粒が出てしまう。
赤外フィルム比較
比較のため等倍に拡大してチェックした。
白い雲の部分、銀粒子同士の粒界はかなり滑らかになり
ザッラとした感じではなくなったが、黒い粒が画面を汚す。

赤外400Sフィルムの現像、
(Ⅵ)現像液では問題がなかった。
(Ⅴm)現像液では、黒い点が出る。
(黒点部は、特異的に、その場所で現像が進行していないことを示していると仮定している。)
①粒界を埋めるため添加した薬剤と赤外線フィルム特性を与える薬剤の相性が合わない。
②フィルムの物理的・表面特性(親和性)と現像液の特性が合わない。
③冷蔵庫から出し室温で一ヶ月、急速に赤外線フィルムが劣化した。(その部分の感光性劣化)
何故 こうなったのか 現像したネガを見ながら あれこれと考えている。

(Ⅴm)の開発 今のところ失敗。
Retro400Sでは問題なく使えるので、
赤外400S 特有の問題だと思う。
でも、失敗こそ面白い。仮説を立てる。その仮説に基づき実験する。
駄目なら 何故?とまた考える。
また仮説を立ててみる。その繰り返し。
また 当分 楽しめそう。

------------------------------------
テド・ウイルスも 不明なところ沢山。
死者推移8月7日
第二波の死亡者の少ないことは驚異的。
定性的にはいろいろな説が出ているが、定量的なデーター(エビデンス)のない話ばかり。
どんなメカニズムを考えたらいいのか・・・?
感染状況8月7日
7日ごとに山がでるのは、東京都の集計の問題(人間)、コロナのせいではありません。
6月の上旬、ピークらしきものを発見したので、すぐに感染は収まるかと思ったが、
すぐに判断ミスに気づく。
そこで 爆発曲線のラインと 拡大曲線のラインを引き、経過を観察する。
未だ感染爆発?
第一波の感染をチェックし気づいたのだが、
この感染の様相は、細かく分けると4つのステージになる。
①爆発的な感染時期 この時 感染者の数は指数関数で近似できる。(Y=A*e^α*T)
②爆発が収まると 毎日一定数の感染者がでる 化学の反応速度では零次反応になる時期。(Y=A*T+B ここで A=0)
③その後 指数関数的な増加を示す拡大期 (Y=A*Ln(T)+B) 「指数関数と対数関数は、逆関数の関係にある。)
④最後は収束に向かう。この時は化学反応の一時反応(半減期)で近似できた。(Y=A*e^-α*T) ①の係数がマイナスになる)
③④の様子は現像飽和の式ともよく一致した。
①~④まで統一して記述できる式ができたらいいのだが・・・・残念ながら数学的な理解力は、
大学2年の教養課程で修了。それも50年以上前のこと。高校の数学すら ようやっとというレベル。
無理です。
でも、化学反応と考え、コロナを観てみたい。(専門が実験化学だったもので・・・)
閑ですから・・・罹りたくないから。

7月30日までのデーターで もう一度予想ラインを引き直してみた。
累計感染者予想8月7日
累計感染者で見ると 第二波はまだステージ① 感染爆発中。
12日~14日で二倍の感染速度です。
バラツキが大きい毎日の感染者数では、判断に迷うが、
感染者指数と二倍日数の動きを見ると、
微妙なところに差しかかっていることを示している。
もうすぐ ステージ② そしてステージ③に進むのでは・・・と希望的観測をしながら
毎日データーをプロットしています。
スポンサーサイト



  1. 2020/08/08(土) 15:38:41|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暑い、でも結論が出るまでは、テスト撮影は続けるさ。 | ホーム | 我々は何処にいるのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1645-d892da08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR