FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

なんだったのかと思う          グラフを読む、写真を読む。

6月6日 感染者数をデーター処理し、
ノイズを減らした感染者数をグラフ上にプロットしていた。
この日、そこに小さなピークを発見した。
そこで、
6月8日のブログに
「解除の日に撮った花      ・・・・その時既に第二波の感染は始まっていた??」
という記事を書いた。
しかし、ピークだと思ったが それは見誤りで、
一週間もすると判断ミスだっと気づいたが、
その頃は、ようやく感染は収束し、
これが第二波だとしても大したことにはならないという 希望的安堵感があったのだろう。

久しぶりに自由な気持ちでシャッターを切ることができると、
新鮮な気持ちで、
行き当たりばったりの写真を撮っていた。
その中の一枚。
戸越1288-17
場所は、戸越銀座商店街。
こんなカットもある。
戸越1288-18
アブストラクト。
写真を見て、何だろう?と思う。
いい写真なら、そこに美しさを感じる。
表現は自由とは言え、
写真には、
被写体がないと、写真表現は成立しないという決定的な限界がある。

彫刻家や画家の被写体は 彼らの内面にある。
それは、その人独自のもので、他の人には見えない。
それらを、彼らの手で作品に投影し表現する。

しかし、写真の被写体は外側にあり、万人共有のもの。
誰もが一緒に使える。
それをパチッと撮るだけ、現実のコピーだもの、致し方ない。
------------------------------------
データを集めただけでは、よく見えてこない。
単なる数字の羅列に過ぎない。
数字の羅列を、整理して、規則性を見つける。
数字と数字の間に何らかの関連性はないか、調べてみる。
そうすると見えてくるものがある。
第二波解析7月9日ー1
1月の末ごろから始まったコロナウイルスの感染拡大が、5月17日頃収まり、最低の感染者数になった。
これで感染は終了したとおもったが、また徐々に感染者は増えていく。
第二波が始まってしまったと・・・判断した。
第一波と比較したグラフを作り、経時的に追う。
累積感染者数が300名を越えたあたりから、累積感染者が二倍の増える日数が ほぼ11日前後の数字で一定となる。
このまま第一波の線と交差し、越えると・・・・第一波より大きな波になる。
その時の累積感染者数は3300~3400名程度。
その時期はいつになるのか、グラフを作成する。
第二波解析7月9日ー 2
第二波で 一番感染速度の高かった時期は、6月30日~7月6日の頃、二倍日数は8.9日だった。
そのカーブを外挿すると7月15日には累積3600名に達する。
ここが一つの判断ポイントだろう。
7月15日に累積で3000名(最初からだと8100名)を越えなければ、
感染の拡大は収まり、収束に向かっていくのでは…と希望的観測。
もし、3400名近くでたら・・・・おそらく第一波の感染より大きなものになるだろう。

昨日、東京の感染者は224名と過去最大を示したと、
今日になって新聞やTV番組で、騒いでいるが、
それは想定内のこと、グラフ上で予想された数字に収まっている。
新聞・TVなどのマスコミは、なぜ騒ぐ? いままで何を伝えてきたのだろうと、ちょっと不安を覚える。
理解が及ばないとは思いたくないが・・・正確に伝わらないのか、伝えようとしないのか?
しかし、危機は迫っていることは確か。
政府は、6月24日 専門家会議廃止し、7月3日  対策分科会新設した。
しかし、どんな対策案をだし、実行しているのか、見えてこない。
(うちの)百合子も、有効な方策を示し、対策を実行しているようには見えない。
やったふりばかり。
今、東京がコロナウイルスの培養地(震源地:エピセンター)になっている。
「東京は、諸悪の根源」と言われても・・・そうだなぁと、都民である小生も頷いてしまう。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/10(金) 08:27:45|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<王子駅 | ホーム | R1フィルターをつけて撮ってみる   下神明付近を散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1633-2d9191d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (107)
レンズの眼、カメラの眼 (38)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (18)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (102)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (204)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (276)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (73)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR