FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

区役所前通りにて          ノンコート・オールドレンズ  テッサーを使う。

宣伝文句は「鷹の眼」、ツアイスが開発した。
1900年 20世紀初頭に完成したオールドレンズ。

硝子と空気の境界面で入射光の一部が反射し減光する。
レンズの枚数を増やすと、透過光は減り、
反射光はレンズ内を乱反射し、画質の低下を招く。
レンズの枚数はできるだけすくなく、
そしてシャープな写真が撮りたいと考案されたのが
3枚構成のトリプレットレンズ。
その三番目を合わせレンズ(結局4枚のレンズになる)にし発展させたのがツアイスのテッサー。
二枚のレンズを貼り合わせるには、当時としては高度な技術が必要だった。
また真中のレンズ(凹レンズ)を中心を合わせるのも微妙な調整が必要。
ツアイスにしてもライカにしても、そのあたりの技術レベルはしっかりしている。
オールドレンズだが、貼り合わせ部分は今もクリアー、
使用したバルサムが変質した様子はない。(と思っている。)
区役所前通り1288-15
品川区役所前の通りを歩いていた。
横須賀線のガードの下にあった壁画を撮影。
絞は開放だが、画像の解像感は高い。(約1300万画素)
区役所前通り ピクセル等倍
画像の一部を、等倍で切り出してみる。
現在の高解像度デジタル・カメラに比べると・・・見劣りはするが、それでも4つ切りに伸ばす程度なら、差は感じないだろう。
1933年製造されたオールドレンズだが、いまでも使用できる・・・素晴らしいことだと思う。
丁寧になされた仕事に対し、敬意をもって接し、使っているだけなのですが・・・
どうもコアな 物好き老人と思われているようだ。(コレクターではありません。)
スポンサーサイト



  1. 2020/06/28(日) 08:46:18|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何でもないものに 何かを見てしまう | ホーム | 百合         ノンコート・オールドレンズ  エルマーを使う。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1625-9d960cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR