FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

松ぼっくり

近くの公園で「松ぼっくり」を拾った。
おそらく去年のもの。
見ていると、段々と奇妙で怪しい存在のように思えてきた。
黒い布の上に置き、撮影してみた。

部屋の中に自然光が入ってきている。
デジタルカメラで撮ると、確かに材質感は「松ぼっくり」そのもの。
松ぼっくりDSC06872
左からLEDの懐中電灯で「松ぼっくり」を照らした。
松ぼっくりDSC06867
このほうが 面白い。
----------------------
Nikon F (フィルムカメラ)にマクロレンズを付け、接写撮影する。
松ぼっくり1289-#2-30
違ったトーンの「松ぼっくり」が現れる。
知らない植物、ちょっと不気味。
絞を二絞り開けて撮影。
松ぼっくり1289-#2-32
一層 不気味さが増す。
-----------------------------------------
デジタルカメラは、ほぼ万能に近い。
撮りたいと思ったら、カメラの設定ボタンを選べばいい。
(液晶画面で確認しながら、マニュアル・フォーカス、露光手動で撮影。)

しかし、フィルムカメラとなると、目的に合わせ、カメラを選ぶ。
そして最適なレンズを選んだり、フィルムを選んだりする。
今回は、Retro80Sのフィルムにして、かなり特殊な二段現像をえらんだ。
フィルムにより特性が違う。
Fomapan100フィルムでは、こういうトーンのネガは作れない。
スポンサーサイト



  1. 2020/06/24(水) 12:32:02|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桐ケ谷あたりをぶらぶらと | ホーム | リハビリ   中央公園の植物   オールドレンズの密かな楽しみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1622-c057c02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR