FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

リハビリ   中央公園の植物   オールドレンズの密かな楽しみ

自粛期間中 外へ出ても短時間、そんな生活が続いていたので、歩き出すと足が痛くなる。
一種の筋肉痛。若い時なら一晩寝れば治るものだが、そうはならない。
ずっと筋肉痛が続いている。
カメラを持って 近所をそろりそろり歩き リハビリ中。
軽いカメラがいいと、この頃はコシナの製造したBessaカメラで出ることが多くなった。
オールドレンズの密かな楽しみDSC06859
レンズは 携帯に便利な軽く小さい沈胴式オールド・レンズにしている。
一つは ライカの有名なElmar 50mm F:3.5。
もう一つは ツアイスの「鷹の眼」と呼ばれたTessar 50mm F:3.5 。
80年以上前に製造されたレンズだが、今でも何の問題もなく使える。
(古い骨董品なら、ガラスケースに入れられ眺めるだけ。
今でも使える工業製品、そうそう有るものでもないと思う。)
中央公園の植物1288-5
Tessarレンズは、戦前ツアイスがContaxⅠ、Ⅱの交換レンズとして作ったものだが、
戦後になって、同じマウントのS型ニコンを、日本光学(ニコン)は製造する。
フランジバックは同じなので、内側のマウントを使うレンズは問題なく使用できる。
(レンズを付けてフィルム面のピントを確認したが、ピントは正確に来ていた。)
中央公園の植物1288-7
レンジファインダーの距離計は最短で90cmほど、あまり近づけない。
ほぼ最短で撮影した。ピントは一致している。
中央公園の植物1288-10
オールドレンズとは言え、なかなかの描写力だと思う。
中央公園の植物1288-6
写真表現の向上は、
カメラそのものより、むしろ戦後になって、
フィルム性能が各段によくなったことによると思う。

フィルムはチェコ製のFomapan100を使用、現像液を硬調な(Ⅳo)で現像してみた。

フィルムカメラの楽しみ方はいろいろ。
フィルムのフォーマットを変えたり(35mmフィルムかブローニーフィルムか)、オールドレンズを選んだり。
フィルムを感度で選んだり、感光域で選んだり(オルソクロムかパンクロ、あるいは赤外か)、
どんな現像液で現像するか・・・楽しさの選択肢は多い。
すごい写真が撮れるわけではないが、
工夫すればするほど面白くなる。
この楽しみの灯は、消したくないなぁ・・・と思う。
スポンサーサイト



  1. 2020/06/22(月) 12:42:59|
  2. 黒い花 怪しい花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松ぼっくり | ホーム | コロナウイルスを観る・・・・     >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1621-44bb4cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR