FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Photo彩遊 撮影会  その3 雨の横浜港  フィルムカメラで   

カメラは ContaxⅡa。ブラックダイアルなので おそらく1950年か51年製。
レンズはSonnar T 50mm F:1.5 戦前のツアイスのカメラContaxⅡについていたレンズです。1939年製です。
このオールドレンズで、雨にけぶる横浜港を撮影したらどうなるか? フィルムはTri-Xを使用。貿易港として栄えた/栄えている横浜港の情感を醸し出せたらいいのですが・・・
横浜593-7
定番の氷川丸。カモメが鎖に鈴なりに止まっていました。一歩右からフレーミングすればよかったか、ローマ字の"H"が隠れてしまいました。右に移動すると、鎖のカーブが直線になる・・・そちらに注意がいってしまいました。カモメ、雨に濡れ何か寒げでした。
海面に白いビニール袋が漂っているのも気づきません。まぁしょうがないか。
横浜593-14
どこに焦点を合わせて良いのか迷うところです。映りこんだ街灯? それとも、デッキ?
横浜592-25
雨を意識して、傘を差している人を画面に入れました。細い雨は、ネガ上に記録するのは難しい。
横浜593-15
雨にけむる港というイメージを出したかったけど、そうは天候が許しません。やはり夜霧が必要か。街灯の光が光芒を作り・・・何度も通わないとそういうチャンスはめぐってこないでしょう。
一羽のカモメのおかげで、閑散とした雨の港という雰囲気はでたと思います。

横浜593-21
雨に濡れた歩道を写すなら、銀塩モノトーンフィルムが最適だろうと思い込んでいましたが・・・
横浜DSC02744
カラーで いい感じに写りました。背負うバックの黄色が効いています。(参考比較にデジタルで撮ったものを載せました。)
横浜592-6 Trimming
像に近づいて撮ると、観覧車の環が小さくなり面白くない。輪の中に像を収めたいので、少し後ろから撮影しトリミングしました。85mmか105mmのレンズで撮影すべきところです。
横浜592-9
近づいてフレーミングすると、こうなります。観覧車の位置がよくありません。
左もう少し空けていたはずなのですが・・・コンタックス、パララックス補正がないので、近づくとフレーミング狂います。NikonSPなら、こういうミスは起こらなかったでしょう。(と、失敗の言い訳、銅像は逃げないし・・・どうしても撮りたかったら、また来ればいい。移ろい往く一瞬を捉えるというわけでもないし・・・)
横浜夜景592-21
ランドマークタワーの夕景。とはいえ、美しい夕焼は写りません。ここは断然カラーです。
横浜夜景592-23
赤レンガ街に到着。日も暮れ暗くなり、手持ち撮影は難しくなり、持参した三脚を使用して撮影。
もともと人間の目は、暗いところでは色を感知するより、明暗を感知するのが主。夜間の写真は、違和感を感じません。
横浜夜景592-26
大桟橋に停泊中の飛鳥Ⅱ。24mm程度の広角なら全体を撮影できますが、50mmなので一部です。スマホで撮った恋人の写真を確かめています。ちょうどよい位置にいたので、思わず一枚。
横浜夜景592-27
撮影会終了。桜木町駅へ向かう途中撮ったスナップ写真。撮ったデジカメの具合を確かめるカップル。思わず、スナップ。 池上の「お会式」撮影を思い出し、ISO400なら f:1.5/25で撮影するのが適正と判断。しかし、1/25秒では手ぶれの恐れ大。1/50秒でシャッターを切りました。少し露光不足でしたが、どうにかプリントできました。やはり、スナップが性に合っています。 "Night in Yokohama" もできそうです。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/20(水) 09:49:34|
  2. Photo彩遊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋を探しに散歩 オールドレンズで東京の秋を撮る | ホーム | Photo彩遊 撮影会  その2    みなと横浜の夕景を写す >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/161-ac9b819d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR